内藤律樹、親子で東洋太平洋王者 父カシアスに並ぶ

内藤律樹、親子で東洋太平洋王者 父カシアスに並ぶ

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/01/14
No image

親子で東洋太平洋王者になった内藤律樹(左)と父のカシアス内藤こと純一会長

<プロボクシング:東洋太平洋スーパーライト級王座決定12回戦>◇13日◇東京・後楽園ホール

内藤律樹(26=E&Jカシアス)が国内2組目の親子で東洋太平洋王者になった。

同スーパーライト級2位内藤は同級1位アリエンザとの王座決定戦に9回TKO勝ち。カシアス内藤として東洋ミドル級王者だった父純一会長に並んだ。内藤にとっては日本スーパーフェザー級に続き、2階級上げて4戦目で2本目のベルト。会長は「うれしいがまだ先がある」と目を細めたが、内藤も「これはステップ。世界を目指していくにはまだ甘い」と満足していなかった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
山中、神戸でV1戦盛り上げる!「誰が見ても勝ちと思われる試合を」/BOX
【KNOCK OUT】“神童”那須川、キャリア最大のピンチ
山中竜也 3・18神戸で初防衛戦 震災の年4月生まれ こだわって1・17に発表
石本康隆が引退 前日本スーパーバンタム級王者「色々考えた上での決断」
村田諒太が“実験台”衣服型端末で最先端の情報活用
  • このエントリーをはてなブックマークに追加