スズキ、新型船外機 DF300B を発表 フラッグシップと共通の先進技術搭載

スズキ、新型船外機 DF300B を発表 フラッグシップと共通の先進技術搭載

  • レスポンス
  • 更新日:2019/08/25
No image

スズキの新型船外機 DF300B

もっと画像を見る
スズキは8月23日、先進技術を搭載した最大出力300馬力の新型船外機『DF300B』を発表した。

DF300Bは、同社船外機のフラッグシップモデル「DF350A」と共通の先進技術を、300馬力クラスの船外機に求める顧客ニーズに応えるために開発された大型船外機。レギュラーガソリン仕様で最大出力300馬力を発揮する、コンパクトな4ストロークV型6気筒4390ccエンジンを搭載する。

新機種は、反転する2枚のプロペラがエンジン出力を効率的に推進力に変換することで、高い走行性能と直進安定性を実現した、スズキ独自の二重反転プロペラ「スズキ・デュアルプロップシステム」を採用。さらにコンパクトな設計ながら大きな減速比を得られる「2ステージギアリダクション」を組み合わせることで、重量ボートにも対応可能な大きな推進力を実現した。

DF300Bは、2019年末から日本の湖西工場で生産し、北米、欧州など世界各国で順次発売していく。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
個人投資家・有限亭玉介:注目中のゲーム株とその他の個別株【FISCOソーシャルレポーター】
【報ステ】総務省『SIMロック』即時解除を義務化
海を走るレクサス、フラッグシップヨット(フランクフルトモーターショー2019)を世界初披露
米国ハイテク銘柄比較:アマゾンとフェイスブック
必ず定時で帰る人は辞めそう? 社員育成テキストが波紋呼ぶ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加