新型レクサス生産 トヨタ九州 18年秋にも 11年ぶり40万台超へ

新型レクサス生産 トヨタ九州 18年秋にも 11年ぶり40万台超へ

  • 西日本新聞
  • 更新日:2018/01/14

トヨタ自動車九州(福岡県宮若市)が、今秋にも高級車ブランド「レクサス」の新型車の生産を始めることが分かった。世界的に人気のスポーツタイプ多目的車(SUV)で、新型車生産は4年ぶり。国内外で販売する世界戦略車となる。同社の2018年度の生産台数は、11年ぶりに40万台を上回る見通し。

新型車は14年に生産を始めたレクサスのSUV「NX」と同様、比較的コンパクトな車体となる。16年のパリモーターショーで公開されたコンセプトカー「UX コンセプト」を商品化するとみられる。18年度の生産は数万台の見込み。

また海外で販売しているレクサスのセダン「ES」を18年度内にフルモデルチェンジし、日本国内向けに生産することも計画。1989年発売のESは海外市場での看板車種の一つで、2017年までに50以上の国・地域で約214万台を販売している。

トヨタ自動車九州の17年度の生産台数はSUV人気がけん引するなどして、16年度(34万9619台)を上回り、36万台を超える見通し。18年度も中国を含むアジア向けが引き続き好調で、需要の掘り起こしにつながる新型車の投入効果などにより、生産台数の大幅な上積みを見込んでいる。

=2018/01/14付 西日本新聞朝刊=

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
しまむら、突然に深刻な売上減突入...「しまむららしさ」消失、しまパトの楽しみ奪う
飲食店社員の平均月給、首都圏は25.2万円、関西は23.7万円
ビットコインで儲けた人に次々と税務署の調査!多額追徴課税!
旅行会社、急速な「不要化」で存在意義低下...JTB、国内・国外・訪日すべて減収の激震
研究結果:Bitcoinを150ドルから1000ドルにつり上げたのはひとりの仕業だったらしい
  • このエントリーをはてなブックマークに追加