坂本花織、平昌へ朝型生活3カ条「体が動くように」

坂本花織、平昌へ朝型生活3カ条「体が動くように」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/01/12
No image

壮行会でポーズを決め笑顔で写真撮影をする坂本(左)と三原(撮影・奥田泰也)

フィギュアスケート女子で平昌五輪(ピョンチャンオリンピック)代表の坂本花織(17=シスメックス)が11日、神戸市内のリンクで練習を公開した。

12月下旬の全日本選手権後は五輪のショートプログラム(SP)とフリーの午前開始に対応するため、朝型生活に着手。睡眠の質を高めるために部屋の完全消灯と就寝直前のスマートフォン使用禁止、午後10時台の就寝の3カ条を実践中だ。「まだ効果は分からないけれど、前よりは(体が)動くようになりました」と笑った。五輪直前の4大陸選手権(24日開幕、台北)を経て、特訓の成果を五輪にぶつける。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
将棋・羽生善治&囲碁・井山裕太「驚きの天才伝説」
NYタイムズに皮肉を書かれた羽生結弦
元フィギュア日本代表・村主章枝、現役時代後半は“無収入”で借金生活!
張本だけじゃないスーパー中学生、藤井四段にフィギュア紀平...
「日本は羽生結弦が欠場も宇野昌磨はあなどれない」=平昌五輪の前哨戦、四大陸フィギュアスケート選手権がいよいよ!―中国メディア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加