若き日のアフレック、マコノヒーらが結集!日本未公開作「バッド・チューニング」初上映決定

若き日のアフレック、マコノヒーらが結集!日本未公開作「バッド・チューニング」初上映決定

  • 映画.com
  • 更新日:2016/10/19
No image

リチャード・リンクレイター監督の特集上映の1本 (C) 2015 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

6才のボクが、大人になるまで。」「エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に」(11月5日公開)のリチャード・リンクレイター監督の出世作「バッド・チューニング」が、11月5日から東京・新宿武蔵野館で日本初上映されることが決定した。

1993年に製作された「バッド・チューニング」は、若手時代のベン・アフレックマシュー・マコノヒーレニー・ゼルウィガーミラ・ジョボビッチらそうそうたるメンバーが顔をそろえた青春グラフィティ映画。76年のアメリカ・テキサスを舞台に、新入生の歓迎会でバカ騒ぎする高校生たちのハイテンションな青春の1日を酒、ドラッグ、セックスをまじえて描いた。エアロスミスの「スウィート・エモーション」や、ディープ・パープルの「ハイウェイ・スター」など、76年当時の流行曲も多数使用されている。

バッド・チューニング」は、新宿武蔵野館で行われる特集上映「リンクレイター青春3部作」の1本として上映される。こちらでは、本作のほかリンクレイター監督の最新作「エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に」、アカデミー賞受賞作「6才のボクが、大人になるまで。」の3本がラインナップされている。

バッド・チューニング」は、11月5日から新宿武蔵野館で上映(11月11日まで)。なお、「6才のボクが、大人になるまで。」は11月12日から18日まで上映。「エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に」は、11月5日から全国公開。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
高畑充希、交際質問に「内緒です」と笑顔 舞台あいさつ終了後、報道陣の声掛けに応じる
池内博之の中国大作出演続く、ジャッキーと共演も
アニメ史上最も「悲惨なバッドエンド」を迎えた作品ランキング
12月3日の注目映画第1位は『LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五ェ門』
松尾諭さん「新たなモテテクだったとは... もっとやりゃよかったな」 『映画流行語ランキング』にコメント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加