北京五輪出場の梶山陽平、FC東京と新潟両クラブが今季限りでの現役引退発表

北京五輪出場の梶山陽平、FC東京と新潟両クラブが今季限りでの現役引退発表

  • Football Tribe Japan
  • 更新日:2018/11/14
No image

FC東京の梶山陽平 写真提供:Getty Images

FC東京所属であり、今季はシーズン途中からアルビレックス新潟に期限付き移籍で加入しているMF梶山陽平が今シーズン限りでの現役引退を発表した。14日、FC東京公式サイト、アルビレックス新潟公式サイトが伝えている。

梶山は1998年にFC東京の下部組織に入団すると2003年に第二種登録選手としてトップチームに帯同。2004年から2012年まで主力としてクラブを支えていた。

また2008年にはU-23日本代表の一員としてFW本田圭佑、FW岡崎慎司、DF長友佑都、DF吉田麻也らとともに北京五輪に出場し、背番号「10」を着用していた。

その後はギリシャの強豪・パナシナイコスや大分トリニータに期限付き移籍で加入した後、2014年から再びFC東京でプレーしていた。今シーズンは7月より期限付き移籍でアルビレックス新潟に加入していたものの、近年ずっと抱えていた膝の痛みの影響で出場機会が激減したことにより、現役引退の決意を固めたものとみられる。

同選手はFC東京公式サイトを通じて「このたび、今シーズン限りでの現役引退を決めました。11歳の時にサッカースクールに入会し人生の三分の二である22年間をFC東京でサッカーをすることが出来て、とても幸せでした。良い時も悪い時も、ファン・サポーターのみなさんと共に歩むことができ、いつも変わらず応援していただきました。本当にありがとうございました」

「唯一、FC東京での心残りはJ1リーグで優勝出来なかったことです。ただ近い将来、ファン・サポーターのみなさんと共に必ず優勝できると確信しています。これからもFC東京を応援していただき、共に戦ってください。本当にたくさんのご声援ありがとうございました(公式サイトより抜粋)」とコメントを残している。

またアルビレックス新潟公式サイトを通じては「このたび、今シーズン限りでの現役引退を決めました。今年の夏にアルビレックス新潟に加入し、多くのファン・サポーターの方に声をかけていただき、監督以下選手・スタッフも温かく迎えてくれました。少しでもチームの力になりたかったのですが、怪我をして何もできず、残念であり大変申し訳なく思っています」

「ただ、ここで出会った仲間やファン・サポーターは私の宝物です。来シーズンは必ずJ1に昇格できると信じています。これからもずっと応援しています。本当にありがとうございました(公式サイトより抜粋)」とコメントを残した。

なお同選手の引退セレモニーは11月24日(土)開催のJ1リーグ第33節・川崎フロンターレ戦において、実施予定となっている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
中央大DF安在達弥は兄・和樹の背を追い東京V、DF上島拓巳は夢の東京五輪を目指して柏へ
「アウトサイダーの逆襲!東南アジアからACLを狙う内田昂輔の挑戦記 vol.1」
Jリーグが新しい大会ロゴマークを発表!2019シーズンから使用を開始
J3長野、元日本代表MF明神智和との契約を延長...34歳GK阿部伸行も更新
世界的な大物獲得で盛り上がるJリーグ 韓国メディアが自国と比較「羨ましい」「魅力的」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加