巨人・杉内、闘将思い出話にしんみり「何かの間違いかと」

巨人・杉内、闘将思い出話にしんみり「何かの間違いかと」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/01/12
No image

入念にストレッチを行う杉内

巨人・杉内俊哉投手(37)が11日、鹿児島・薩摩川内市内での自主トレを公開し、2008年の北京五輪でともに戦った星野仙一氏の死を悲しんだ。

訃報を知った時は「何かの間違いかと。ショックでした」と振り返った。準決勝の先発を託されたが勝利で飾れず、チームは4位。「負けるなという言葉をいただき、メダルを取れるような成績を残したかった」と思い出をしんみり語った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
現役生活21年。井口資仁がもっともスゴいと感じた選手とは
イチロー級の足!阪神D3・熊谷、一塁到達タイム3秒70 非公式記録も虎に衝撃
DeNA・ラミレス監督、日本国籍を年内取得へ!第二の故郷へ「恩返し」
森祗晶氏「若手の良い手本、刺激」/片平さん悼む
松坂大輔が中日の入団テストに合格
  • このエントリーをはてなブックマークに追加