【川崎】“痛恨の一発レッド”の車屋紳太郎。判定には「正直納得できない点は多い」

【川崎】“痛恨の一発レッド”の車屋紳太郎。判定には「正直納得できない点は多い」

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2017/09/14
No image

「焦らずにR・シルバに仕事をさせないように意識していた」と話す車屋。退場するまでは粘り強い守備が光っていた。(C)SOCCER DIGEST

[ACL 準々決勝 2nd-leg] 浦和 4-1 川崎/9月13日(水)/埼玉

日本勢対決となったACL準々決勝の第2戦、試合の流れを大きく変えたのは38分の車屋紳太郎の一発退場だった。

1-1で迎えた前半終盤、タッチライン際でルーズボールに反応した車屋は、足を高く上げてボールに触ろうと試みる。しかし、同時に反応した浦和の興梠慎三の顔を蹴ってしまう形になり、興梠がピッチに倒れ込むと、サウジアラビア人のファハド・アルミルダシ主審は迷わず車屋にレッドカードを提示した。

その後、10人での戦いを強いられた川崎は第1戦でのリード(3-1で勝利)を守り切れず、痛恨の逆転負けを喫した。

車屋は試合後、こう話す。

「自分の今までの非のあるプレーは認めてきましたが、(今回は)正直納得できない点は多いし、サポーター、チームメイト、スタッフの方に申し訳なく思います。後ろを向いた瞬間だったので、最初は(相手が)見えなくて、当たったっていう感覚はなかったし……。多分当たってはいなかったと思います」

ファウルを受けた興梠も判定はやや酷だったと振り返る。

「少し可哀そうな判定だったと思う。中東の人が笛を吹く時はああいうのがすぐ出ちゃう。自分たちも気を付けていた」

稚拙な試合運びを露呈した一方で、川崎は可哀そうな判定にも泣き、初のベスト4進出を逃した。

取材・文:本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

【ACL準々決勝 浦和4対1川崎 PHOTO】浦和が4ゴールの大逆転で準決勝進出!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【週末の対戦予定】吉田は“超強力”マンU攻撃陣を封じられるか...首位・鹿島はG大阪と対戦
“顔面蹴り”きっかけで前半に2人負傷退場...残留争う札幌vs新潟は序盤からアクシデント続出
中村俊輔がJ1で24発目のFK弾! 低い弾道でサイドネットを射抜き決勝点に
【柏】武富孝介も「笑ってしまった」。サポーターからのバースデーサプライズが面白い
元日本代表GK曽ヶ端、まさかの“よそ見”で失点 シュートに反応遅れる痛恨の凡ミス

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加