元UFC戦士・菊野克紀、テコンドーで東京五輪挑戦「五輪は夢の世界」

元UFC戦士・菊野克紀、テコンドーで東京五輪挑戦「五輪は夢の世界」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/10/17
No image

テコンドーで東京五輪挑戦を表明した菊野克紀(左)と全日本協会の岡本依子副会長

元UFC戦士で格闘家の菊野克紀(35)=チームKIKUNO=が11日、都内で会見を開き、テコンドーで2020年東京五輪出場を目指すことを表明した。まずは来年1月の全日本選手権出場権獲得を目指し、29日の東日本地区大会(千葉・袖ヶ浦市臨海スポーツセンター)に出場する。

沖縄空手にルーツを持つ菊野は、総合格闘家としてDEEPライト級王者に輝き、米国のUFCにも参戦した実績がある。近年は異種格闘技の巌流島でも日本のエースとして活躍している。

テコンドーで五輪に挑戦する理由について、シドニー五輪銅メダリストで全日本協会の岡本依子副会長(46)に勧誘されたことを明かし、「五輪は雲の上、夢の世界。格闘技がどれだけ盛り上がっても、(それ以上に)五輪は世界中が注目する。35歳の僕が目指していい道があるんだなと思うとうれしいし楽しくて、この競技で勝てるように必死に練習している」と話した。

同席した岡本氏は、菊野を勧誘した理由について「根性がありそうやなと思った」と説明。「菊野選手の挑戦を協会としても本当に喜んでいて、お手伝いしたい。素晴らしい選手なので、日本のために戦えるくらいになってくれたらうれしい」と期待を寄せた。

テコンドーは防具を着用するものの、ダウンして10カウントでのKO勝利もあるだけに「それしか勝ち目がない」と菊野。「蹴りが主体の格闘技で、顔面パンチ、ローキックがない。その中で勝つには難しいルールだが、防具越しには本気で腹を殴っていい。倒していいというルールなので、沖縄空手で鍛えた突きの技術なら倒せるんじゃないかと思った」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
比嘉、次戦は地元・沖縄で 具志堅会長「1月か2月にやりたい」
「3度目はない」決意で再戦に挑む村田は圧勝予想オッズ通りに勝てるのか
村田諒太一夜明け「因果が難しい」試合中の笑顔なぜ
飯伏、東京初前哨戦でIC王者・棚橋撃破「完全に上向き」
村田諒太、先があるから「泣いてません」。視線の先は最強ゴロフキン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加