元プレーヤーのケタボンヌがイギリス女子代表監督へ、ジュディ・マレーの跡を引き継ぐ

元プレーヤーのケタボンヌがイギリス女子代表監督へ、ジュディ・マレーの跡を引き継ぐ

  • TENNIS DAILY
  • 更新日:2016/12/01
No image

元ツアープレーヤーのアン・ケタボンヌ(イギリス)がイギリスのフェドカップ代表監督をジュディ・マレーから引き継ぐことになった。
33歳のケタボンヌは、火曜日にイギリスローンテニス協会から同国女子ナショナルチームのコーチおよび監督を指名された。
ジュディ・マレーはアンディ(シングルス世界1位)とジェイミー(ダブルス世界4位)のマレー兄弟の母。彼女はイギリス代表監督を5年務め、今年3月に他の役割を果たしたいと同職を退いていた。
ケタボンヌは13年間のプロ活動で、イギリス代表として単複合わせて44試合をプレーしている。最高ランキングはシングルス48位(2009年)、ダブルス94位(2011年)。
監督としての彼女の最初の試合は、2017年2月7日から12日までエストニアで開催される、フェド杯ヨーロッパ/アフリカゾーン・グループ1となる。
イギリス女子代表チームは、トップ10プレーヤーのジョハナ・コンタ、ヘザー・ワトソン、ローラ・ロブソンらを招聘予定。(C)AP(テニスマガジン)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テニスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
伊藤、苦手なカットマン=卓球グランドファイナル
松山「東京五輪に出たい」会見で宣言 初対面の錦織との対談は「勉強になった」
錦織 約2カ月ぶりブログ更新
渡辺謙、錦織圭&松山英樹を徹底取材「東京五輪、出ます」スクープ発言も飛び出した
サフィン初勝利 ジャパン2位へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加