新型6020系、東急大井町線に導入 急行7両編成化でダイヤ改正も実施

新型6020系、東急大井町線に導入 急行7両編成化でダイヤ改正も実施

  • 乗りものニュース
  • 更新日:2017/10/17

7両編成2本を2018年春に導入

東急電鉄は2017年10月12日(木)、大井町線の急行列車に新型の6020系電車を導入すると発表しました。

7両編成2本(計14両)を2018年春に導入。同じ時期に登場する田園都市線の新型2020系電車と同様、車内には「ナノイー」方式の空気清浄機を設置し、座席は背もたれの高いハイバック仕様のものを採用します。

No image

東急大井町線に導入される新型6020系電車の外観イメージ(画像:東急電鉄)。

乗降用ドアの上に設置するデジタルサイネージは、多言語に対応。ニュースや天気予報の提供も行います。車内には防犯カメラを設置するほか、全車両にフリースペースを設け、バリアフリー対応を強化します。

大井町線の急行列車は現在6両編成ですが、混雑緩和を目的に今年11月4日(土)以降、順次7両編成化されます。これが完了する2018年3月には、ダイヤ改正も実施。朝ラッシュ時の運転パターンを変更し、急行列車の本数が増えます。また、日中時間帯の各駅停車も増発される予定です。

【画像】新型6020系の内装イメージ

No image

新型6020系電車の内装イメージ(画像:東急電鉄)。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「いじめの原因はいじめられる側にある」という理由は? いじめの“原因”と“責任”を分けて考える4コママンガが考えさせられる
アップルパイのガイドマップがある街 47店を網羅、味5段階評価の本格派
危機管理産業展2017、「防災」「セキュリティ」などを考える
【報ステ】銀座のど真ん中で「マリカー」が事故
「足でハンドル」「ラーメン食べながら」 東名事故容疑者、元交際相手の証言に衝撃
  • このエントリーをはてなブックマークに追加