『七つの大罪』ファン、足立梨花&ノンスタ井上ら出演!「グラクロ」リリース直前番組配信

『七つの大罪』ファン、足立梨花&ノンスタ井上ら出演!「グラクロ」リリース直前番組配信

  • クランクイン!
  • 更新日:2019/05/17
No image

「グラクロ」リリース直前番組に豪華出演者が集結! (C)鈴木央・講談社/「七つの大罪 戒めの復活」製作委員会・MBS (C)Netmarble Corp. & Funnypaw Co.,Ltd. All Rights Reserved.<画像をもっとみる>

シネマティックアドベンチャーRPG『七つの大罪~光と闇の交戦~(ひかりとやみのグランドクロス)』(略称:グラクロ)のサービス開始を前に、『七つの大罪』ファンやゲーム好き芸能人が、「グラクロ」の世界観やゲーム性・ストーリーの面白さを徹底解剖するリリース直前番組に出演。『七つの大罪』の大ファンとして知られており、番組のアシスタントMCを務めた足立梨花は、「みんなでワイワイ『七つの大罪』のことを話しながら収録できたので、あっという間に時間が過ぎていった感じがしました」とコメントしている。

【写真】柴田英嗣(アンタッチャブル)、足立梨花ら「グラクロ」リリース直前番組の出演者

2019年春にサービス開始を予定している「グラクロ」は、鈴木央原作のコミックを映像化したTVアニメ『七つの大罪』の世界をスマートフォンで体験できるシネマティックアドベンチャーRPG。ゲームタイトルに使用している「グランドクロス(交戦)」は、<七つの大罪>と闇の勢力間の巨大な戦いの前兆を暗示しており、TVアニメの世界観を徹底的に再現した作品となっている。

今回、本作品のサービス開始を前にYoutubeにて、事前告知番組が配信されることが決定し、『七つの大罪』アニメファン、スマホゲームを愛する豪華出演者たちが集結。アンタッチャブルの柴田英嗣が番組のMCを、足立梨花がアシスタントMCを務め、パネラーとしてNON STYLEの井上裕介、ドランクドラゴンの鈴木拓、おのののか西野未姫が出演する。

アニメでもおなじみ<豚の帽子>亭を見立てたセットの中で、『七つの大罪』の大ファンの井上を中心にトークが展開し、同じく『七つの大罪』大ファンだという足立とマニアックすぎるトークが展開されることも。

また、事務所の先輩後輩である柴田と鈴木の絶妙な掛け合いや、「グラクロ」仕様にアレンジされた“罰ゲーム”も見どころとなっており、アニメファンはもちろん、アニメを知らない人や、ゲームをやったことのない人も楽しめる内容となっている。

撮影後、MCを務めた柴田は「1人のゲームファンとして参加できました。今、そして未来の携帯ゲームの指針となるような素晴らしいゲームです。是非一度トライしてみてください!」とコメント。さらに、アシスタントMCを務めた足立も、「『グラクロ』の魅力をたっぷりお届けできているはずです! これを見て、『グラクロ』がリリースされるのを楽しみに待っていてほしいです。私自身もファン代表として楽しみです!」と感想をコメントをしている。

「『七つの大罪 ~光と闇の交戦~(ひかりとやみのグランドクロス)』リリース直前!徹底解剖 SP!」は、YouTubeで配信。第1弾が、5月18日(土)21時から、第2弾が、5月23日(木)21時から配信予定となっている。また、番組内で発表される七つのキーワードをつなげたハッシュタグを付けて、指定のツイートをリツイートすると抽選で豪華賞品が当たるTwitter キャンペーンも実施される。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ゲームカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
レトロゲームショップ「BEEP」がゲームパブリッシング事業に進出─第1弾は往年の魔女っ子シューティングを再構築『コットンリブート』(仮題)
M2ショットトリガー『エスプレイド』対応機種がPS4とスイッチに決定!─秋葉原では移植版のフィールドテストを実施中
マインクラフトの累計販売本数が1億7600万本を突破し「世界で最も売れたゲーム」に
あのクラタスと戦った巨大ロボット「MegaBots」が日本に上陸!
『The Elder Scrolls』の卓上ゲーム『The Elder Scrolls: Call to Arms』が発表!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加