国道沿いにかかし400体、私は誰? スポーツ選手もあの芸人も

国道沿いにかかし400体、私は誰? スポーツ選手もあの芸人も

  • 朝日新聞デジタル
  • 更新日:2022/09/23
No image

"写真①元陸上選手で青森県板柳町出身の福士加代子さん"

こうべを垂れる稲穂が風に揺れるこの時期、青森県の津軽半島を走る国道280号沿いには、手作りのかかし約400体が並ぶ。スポーツ選手にお笑い芸人、ゲームのキャラまで。脇見に注意は必要だが、運転が楽しくなる。さて、私は一体誰でしょう――。

荻野由佳さん「人生、終わった」 3年続くネット中傷に今できること

国道の番号から「かかしロード280」と銘打ったイベント。スタート地点は、青森市中心部から北西に数キロ先に行った青森市油川地区で、蓬田村、外ケ浜町、今別町を抜け、津軽半島先端の竜飛崎のゴールまで、国道沿いや周辺にかかしが点在する。

沿道の住民らでつくる実行委員会(永井幸男委員長)が2007年、田んぼが黄金色に変わる風景に映えるかかしを立てて地域を盛り上げ、道行く人に楽しんでもらおうと始めた。

かかしは、保育園児や児童・生徒から会社員まで地域住民を中心に、幅広い年代の人が作っており、毎年参加する常連も多い。

できばえも様々で、特徴をうまくつかみ、思わずうなるほどの作品もあれば、付けられているタイトルを見るまで、誰なのか分からないものも。優秀な作品には「かかし大賞」などの賞が贈られる。

かかしの展示は24日まで。なかなか会えない有名人にもここなら会え、くすりと笑える。少し足を延ばしてはいかが。(伊藤唯行)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加