おどるシェイクスピア「FESTE~十二夜~」開幕、スズキ拓朗「楽しむために劇場に」

おどるシェイクスピア「FESTE~十二夜~」開幕、スズキ拓朗「楽しむために劇場に」

  • ステージナタリー
  • 更新日:2021/10/14

おどるシェイクスピア「FESTE~十二夜~」が本日10月14日に東京・あうるすぽっとで開幕した。

No image

おどるシェイクスピア「FESTE~十二夜~」より。(c)HARU

すべての画像を見る(全13件)

No image
No image

本作は「東京芸術祭2021」の1プログラム。振付家・演出家・ダンサーのスズキ拓朗が、ウィリアム・シェイクスピアの喜劇「十二夜」を独自の視点と解釈で解体し再構築する。ダンス、演劇、映像、音楽といった多彩な手法をクロスオーバーさせた今作では、子供から大人までが楽しめるエンタテインメントが繰り広げられる。

No image
No image

開幕に際し、スズキは「なんといっても、シェイクスピアの喜劇。ダンスや音楽を纏わせて、観たら必ずハッピーになれる作品です。いま、世の中が苦しい状況で気分が沈みがちな人にとっても、すごくいい時間になると思いますので、ぜひ、“楽しむために”劇場に来てください!」とメッセージを送った。出演者にはスズキのほか、CHAiroiPLINのエリザベス・マリー、小林らら、清水ゆり、ジョディ、ジントク、さらに井田亜彩実、コンドルズの香取直登柏木俊彦福島梓村松洸希、浦島優奈、小野塚茉央が名を連ねている。

上演時間は休憩なしの約1時間45分を予定。公演は10月17日まで。

スズキ拓朗 コメント

お客様の前で上演することができて、本当に良かったです。昨年のあうるすぽっとさんとの作品は、感染症拡大防止のために映像配信でお楽しみいただきましたが、やはり生で観ていただかないと伝わらないことも多いので、喜びと感謝の気持ちを噛みしめています。日々の稽古における感染症対策がわかってきたこともあり、スタッフも含めて、みんなの心がひとつになった結果でもあると思います。

「FESTE~十二夜~」の見どころは、まずは「僕が初めて“盆”(回り舞台)を使って演出したよ!」ということでしょうか(笑)。もうひとつは、女性が男装する物語なので、こだわったのは、やはり“服”です。衣を纏う、脱ぐ。何かのフリをする、何かになる。服装とともに心を変装する、それを脱ぎ捨てる。そういったことをテーマにしているので、いつものスズキ拓朗演出作品よりも、ちょっとお洒落です! これらを楽しみにしていただければと思います。

また、本作は、東京芸術祭2021のプログラムでもあります。若い頃、観客として刺激や影響を受けてきたフェスティバルで、今度は何らかの影響を与える側の一員となれたことが誇らしい気持ちです。

なんといっても、シェイクスピアの喜劇。ダンスや音楽を纏わせて、観たら必ずハッピーになれる作品です。いま、世の中が苦しい状況で気分が沈みがちな人にとっても、すごくいい時間になると思いますので、ぜひ、“楽しむために”劇場に来てください!

おどるシェイクスピア「FESTE~十二夜~」

2021年10月14日(木)~17日(日)
東京都 あうるすぽっと

原作:ウィリアム・シェイクスピア
振付・構成・演出:スズキ拓朗
出演:エリザベス・マリー、小林らら、清水ゆり、ジョディ、ジントク、スズキ拓朗 / 井田亜彩実、香取直登、柏木俊彦、福島梓、村松洸希、浦島優奈、小野塚茉央

※「FESTE」の最後の「E」は反対向きが正式表記。

※初出時、上演時間に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

ステージナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加