侍ジャパン・村上宗隆、フリー打撃では15本柵越え 準決勝のメキシコ戦へ「(状態も)バッチリです」/WBC

侍ジャパン・村上宗隆、フリー打撃では15本柵越え 準決勝のメキシコ戦へ「(状態も)バッチリです」/WBC

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2023/03/23
No image

侍ジャパン・村上宗隆(左)を撮影する大谷翔平=米フロリダ州マイアミのフロリダ国際大学(撮影・長尾みなみ)

【マイアミ(米フロリダ州)18日(日本時間19日)】ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表の村上宗隆内野手(23)=ヤクルト=が当地の大学施設で行われた練習に参加し、フリー打撃で快音を連発した。

「すごく気候も暖かく(状態も)バッチリです」

気温29度と暖かな天候の下、力強い放物線をマイアミの空に描いた。37スイングで柵越えは15本。最後の3スイングはすべて中堅方向に放り込み、心地良さそうに汗を拭った。

前日17日(日本時間18日)の夜にはローンデポ・パークで行われたメキシコとプエルトリコの準々決勝を佐々木朗(ロッテ)、岡本和(巨人)らと現地で生観戦。日本の対戦相手に決まったメキシコと球場の雰囲気を体感し、「音もバンバンなっていますし、球場とファンと選手がすごく一体となるいい球場だなとすごく感じた」と笑顔で語った。

世界一まで2勝。若き大砲は「負けたら終わりなので、チームでできるのも残り2試合ですし、1試合でも多く試合をして最終的に優勝できるように頑張りたい」と気合をみなぎらせた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加