「太陽の季節」など裕次郎さん出演作品4K映像放送

「太陽の季節」など裕次郎さん出演作品4K映像放送

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/11/20
No image

映画「太陽の季節」(C)1956日活株式会社

BS日テレでは開局20年スペシャル番組として昭和を代表する俳優石原裕次郎さんが出演した5作品をデジタルリマスター処理し、ピュア4K映像で放送する。

裕次郎さんは、元都知事でもある作家で兄石原慎太郎さん(88)の原作「狂った果実」で映画主演デビューをした。「嵐を呼ぶ男」で注目され、銀幕の大スターの階段を順調に登っていった。

その後も若者の心をひきつける青春映画や大人の色気と哀愁ただよう作品で主演を張って、数々のヒット作に出演しいまだなお根強い人気を誇る唯一無二の俳優として知られる。

代表的な映画5作品を裕次郎さんの誕生日である12月28日から2021年1月16日まで放送する。予定は以下。

▼12月28日午後9時 「太陽の季節」(1956年)南田洋子、長門裕之、岡田真澄、石原慎太郎ほか▼同29日午後8時 「狂った果実」(56年)北原三枝、津川雅彦、東谷瑛子ほか▼同30日午後8時 「嵐を呼ぶ男」(57年)北原三枝、青山恭二、芦川いずみ、白木マリほか▼2021年1月9日午後7時 「銀座の恋の物語」(62年)浅丘ルリ子、江利チエミ、ジェリー藤尾、和泉雅子ほか▼同16日午後7時 「夜霧よ今夜も有難う」(67年)浅丘ルリ子、二谷英明、太田雅子ほか

※映画のタイトルと公開年、裕次郎さん以外の主な出演者

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加