「カリナン ブラックバッジ」「ドーン」「レイス ブラックバッジ」一度は乗ってみたいロールス・ロイスの魅力

「カリナン ブラックバッジ」「ドーン」「レイス ブラックバッジ」一度は乗ってみたいロールス・ロイスの魅力

  • @DIME
  • 更新日:2022/01/16
No image

@DIMEからラグジュアリーな自動車ブランド、ロールス・ロイスの魅力を紹介します。

ロールス・ロイスの魅力

4530万円あればオーナーになれる!超本格的なオフロード性能を纏ったロールス・ロイスのラグジュアリーSUV「カリナン ブラックバッジ」

No image

100年以上にも及ぶ高級車づくりの歴史の中で、初めて手がけたSUVが「カリナン」。2018年にデビューした。「カリナン」という車名はこれまでに発見されたダイヤモンドで世界最大の大きさを誇るダイヤモンドの名称からとった。最新モデルは2019年秋に発表され、日本でも2020年から納車がはじまった新型「ブラックバッジ」。

【参考】https://dime.jp/genre/1069385/

【動画付き】世界で最もハイエンドなオープン4シーター、ロールス・ロイス「ドーン」の意外な素顔

No image

スーパーリッチ市場の特徴のひとつにクーペベースの4人乗りのオープンカーを用意していることが挙げられる。その4人乗りも後席のスペースがきちんと確保されていることが条件だ。現在、これを満たしているのは、ロールス・ロイスだけ。ベントレーも「コンチネンタルGT」でコンバーチブルをラインアップに加えているが、フル4シーターにはちょっと後席が狭い。マセラティ、ランボ、メルセデス・マイバッハも、キャデラック、リンカーンも4シーターのオープンモデルは生産していない。

【参考】https://dime.jp/genre/1075323/

【動画付き】乗れば乗るほど若返る!?最もパワフルでダイナミックなロールス・ロイス「レイス ブラックバッジ」

No image

現在のロールス・ロイスは、1998年にBMWグループの傘下に入った。それ以前の歴史は1904年に第1号車が世界デビューして以来、〝世界で最高のクルマ〟という信念が貫かれたクルマづくりを実践してきたことが挙げられる。途中、1931年にベントレーを買収するなどの動きもあったが、ベントレーは1998年にVWグループに入った。

【参考】https://dime.jp/genre/1090042/

世界に1台だけ!ロールス・ロイス独自のコーチビルドによる「ボート・テイル」はこうして造られた

ZOZOの創業者・前澤友作氏がロールス・ロイスとエルメスに依頼した限定コラボモデル「ファントム・オリベ」が話題となっている。  クルマ好きの夢のひとつに、自分のお気に入りの自動車メーカーに自分だけのクルマを造ってもらう、ということがある。もちろん実現するには、それなりの財力が必要だ。自動車メーカーによっては財力だけでなく、社会的地位なども求められるかもしれない。

【参考】https://dime.jp/genre/1156235/

構成/DIME編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加