【東京6R新馬戦結果】ルヴィアスが突き抜け快勝

【東京6R新馬戦結果】ルヴィアスが突き抜け快勝

  • netkeiba.com
  • 更新日:2020/11/22
No image

ヴァンセンヌ産駒のルヴィアスが新馬勝ち(撮影:下野雄規)

22日、東京競馬場6Rで行われた新馬戦(2歳・ダ1600m・16頭)は、先団の後ろでレースを進めた横山典弘騎手騎乗の1番人気ルヴィアス(牡2、美浦・小西一男厩舎)が、直線で馬群の間から突き抜け、2着の3番人気フォーヴィスム(牡2、美浦・奥村武厩舎)に2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分41秒2(良)。

さらに2.1/2馬身差の3着に14番人気キタノスウォード(牝2、美浦・萱野浩二厩舎)が入った。なお、2番人気カンリンポチェ(牡2、美浦・田村康仁厩舎)は10着に終わった。

勝ったルヴィアスは、父ヴァンセンヌ、母ロメラ、その父サクラバクシンオーという血統。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加