【W杯】三笘薫「サイドの1対1で勝てるかが、重要になってくる」ドン引きした相手をドン引かせる

【W杯】三笘薫「サイドの1対1で勝てるかが、重要になってくる」ドン引きした相手をドン引かせる

  • 日刊スポーツ(サッカー)
  • 更新日:2022/11/25
No image

練習に臨む三笘(右)。中央は田中、左は山根(撮影・江口和貴)

【ドーハ(カタール)=25日】FIFAワールドカップ(W杯)カタール大会の日本代表MF三笘薫(25=ブライトン)が、ドン引きした相手をドン引かせる。

25日、全体練習後にミックスゾーンで取材対応。23日ドイツ戦に途中出場し、W杯デビュー。27日のコスタリカ戦に向けて「チームとしては、ボランチのところは空くと思う。そこからの背後への動き出し、サイドの1対1で勝てるかが、重要になってくる。相手も出てくるシチュエーション。どこまでドン引きされるか分からないけど、そこは有利かなと思う」と追い打ちを掛ける。

川崎フロンターレ時代は、左ウイングが主戦場だった。海外移籍で、ウイングバックも経験。ドイツ戦でも、左のウイングバックで、そつなくプレーした。「まさか、その経験が生きるとは思わなかった」と笑った。

「ゴールを決めて、勝利へ導ければいいけど、まずはチームのためにプレーすることが大事。我を出し過ぎず、チャンスのところで冷静になることが大事」。初戦でスペイン相手に0-7と大敗したコスタリカは、前に出てくるかもしれないし、ドン引きしてくるかもしれない。

新たなポジションも経験し、幅を広げた三笘が、持ち前のドリブルで、相手をドン引かせる。【栗田尚樹】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加