集中捜索で「人の骨のようなもの」"複数"発見...DNA鑑定で行方不明者との関連を調査 観光船沈没事故

集中捜索で「人の骨のようなもの」"複数"発見...DNA鑑定で行方不明者との関連を調査 観光船沈没事故

  • ホッカイドウニュース
  • 更新日:2022/09/23
No image

UHB 北海道文化放送

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

知床の観光船沈没事故から9月23日で5か月。道警の集中捜索で人の骨のようなもの3個が新たに発見されました。集中捜索では事故が起きたカシュニの滝付近の北側を海保が、南側を道警が探していました。道警は9月23日、クマの生息地であるルシャ湾周辺をハンターとともに警察官15人態勢で捜索し「人の骨のようなもの」3個を発見し回収しました。今後、DNA型鑑定を行い行方不明者との関連を調べます。一方、9月23日までの捜索で海保が骨のようなもの7個、道警が小銭入れや靴などを発見していてこちらも事故との関連を調べる方針です。この事故では乗員・乗客26人のうち18人が死亡、8人が行方不明となっています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加