田村優、日本代表外れる W杯メンバー入りへ崖っぷち

田村優、日本代表外れる W杯メンバー入りへ崖っぷち

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2022/09/24
No image

田村優

日本ラグビー協会は23日、テストマッチなど秋の6試合に挑む日本代表41人を発表。9月上旬から合宿してきた代表候補52人から絞り込み、SOは21歳の李承信(リ・スンシン)=神戸=が選ばれる一方、2015、19年W杯代表の田村優(33)=横浜=は外れた。W杯フランス大会を1年後に控え、世代交代を印象付ける形となった。

若手や経験の浅い選手の成長で、ポジション争いが激化する。約3週間の合宿を経て、SOで選ばれたのは李、山沢、中尾の3人。2019年W杯で司令塔として日本の8強入りに貢献した田村は選から漏れた。

田村は合宿中、「(立ち位置は4人の中で)最下位だと思う。チャレンジしたい」と自身を冷静に評価していた。山沢は脳振盪(しんとう)を起こして別メニュー調整が続き、李は20日に右脚を負傷するなどライバルにアクシデントがあったが、序列を覆すことはできなかった。

21日の練習に田村は姿を見せず、代表の藤井ディレクターは「体調不良」と説明。しかし、23日には所属する横浜のチーム練習で体を動かしており、代表での世代交代を印象付ける。

日本は10月にオーストラリア代表の下に位置する同国A代表と3試合を実施後、ニュージーランド、イングランド、フランスとテストマッチを行う。貴重な試合に田村が出場する可能性はなくなり、W杯フランス大会のメンバー入りへ崖っぷちに立たされた。それでも、巻き返す時間は1年近く残されている。(石井文敏)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加