五輪代表・田中希実が自己ベストで2位「うれしいけど...」タイムに不満 女子800M

五輪代表・田中希実が自己ベストで2位「うれしいけど...」タイムに不満 女子800M

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/05/06
No image

自己ベストを出すも2位に終わり、悔しそうな表情を見せる田中希実(撮影・高石航平)

「陸上・静岡国際」(3日、エコパスタジアム)

女子800メートルがタイムレースで行われ、東京五輪5000メートル代表の田中希実(21)=豊田自動織機TC=は2分3秒19の自己ベストで2位だった。優勝は北村夢(エディオン)で2分3秒05。

ラスト100メートルでトップの北村を猛追した田中は、「タイムは出たが、レースの位置取りが下手でラストにスピードを生かせなかった」と反省。ラスト200メートルまでの位置取りに苦戦したことが、終盤の伸びに影響したという。

五輪本番のハードスケジュールを見据えて、3月末から今大会まで7週連続で競技会や記録会に出場している。「疲労感は出てきていたが、動き自体は悪くなくて、うまくレースに乗ることができればタイムも出そうな感じはあった」と手応えがあっただけに、「ベストが出たのはうれしいけど、世界の選手と戦うことを考えれば2分2秒くらいでいきたかった」と貪欲だ。「ラスト200メートルでうまく加速できれば1秒くらいはよくなったんじゃないかな」と、中長距離のオールラウンダーとしてさらなる高みを目指している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加