ミスターを丸刈りにさせたガルベス「苦い騒動」を槙原寛己が“笑い”に昇華!

ミスターを丸刈りにさせたガルベス「苦い騒動」を槙原寛己が“笑い”に昇華!

  • アサ芸プラス
  • 更新日:2021/06/11
No image

90年代後半、巨人に籍を置いた元プロ野球選手のバルビーノ・ガルベス氏。入団した年の1996年、16勝でチームメイトの斎藤雅樹氏とともに最多勝のタイトルに輝くと、その翌年にも12勝を挙げ、槙原寛己氏と並んでチームの最多勝利数をマーク。しかし、期待された3年目の98年には、7月時点でリーグトップとなる9勝をあげる活躍を見せながら、乱闘騒ぎから出場停止処分を受け、後半戦を棒に振る事態となったのだが…。

【関連記事】嫌われていた!?デーブ大久保が桑田の登板日にスタメンを外され続けたワケ

その乱闘事件について、槙原寛己氏が、みずからのYouTubeチャンネル〈ミスターパーフェクト槙原〉の、6月7日付け投稿回〈【巨人vs阪神 伝統の乱闘史】長嶋茂雄が坊主に&清原・元木が…〉で振り返っている。

それは98年7月31日に阪神甲子園球場にて行われた、対阪神戦でのこと。球審の判定にたびたびイラ立ちを見せていたガルベス氏。2ストライク後の直球をボール判定され、直後に本塁打を浴びるなどあって、球審にクレームをつける姿も見せた。そこで、当時の長嶋茂雄監督が投手交代を告げたところ、ガルベス氏はベンチに戻る途中で審判団に向けてボールを投げつけるといった暴挙に及び、これが乱闘騒ぎを巻き起こしたのだ。

ケジメをつける意味で、8月4日、長嶋監督が頭を丸刈りにしてグラウンドに現れた姿は衝撃的だったのを思い出すが、審判団に投じたガルベス氏のボールを、槙原氏は、「来日した中で1番アイツの速い球だと思う。上にホップしたからね」と振り返ったものだ。スタジオの笑いを誘い、当時の暗い思いから救われた気持ちになった。

ちなみに、このボールは大きく逸れて、誰にも当たってはいないことを念のために加えておきたい。

(ユーチューブライター・所ひで)

アサ芸プラス

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加