元十両の飛天龍が引退届を提出 00年に初土俵

元十両の飛天龍が引退届を提出 00年に初土俵

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/11/20
No image

塵手水(ちりちょうず)する飛天龍(2020年7月19日撮影)

<大相撲11月場所>◇13日目◇20日◇東京・両国国技館

日本相撲協会は11月場所13日目の20日、元十両の飛天龍(36=立浪)が引退届を提出し、受理したことを発表した。

福岡県出身の飛天龍は「持丸」のしこ名で00年春場所に初土俵を踏み、11年名古屋場所で新十両昇進を決めた。左肩の負傷などに苦しみ十両在位は通算2場所。西三段目99枚目の今場所は1番相撲から休場していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加