世界卓球 張本智和が初戦敗退で顔しかめ 世界65位、ポーランドのディヤスに

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/11/25

「卓球・世界選手権」(24日、ヒューストン)

男子シングルスで、東京五輪団体銅メダルメンバーの張本智和(18)が初戦で敗れる波乱が起きた。

対戦相手は、初戦を4-2で勝ち上がったポーランドのヤコブ・ディヤス(26)。第2シードのため、2回戦からの出場となった張本は、第1ゲームを11-7でとったものの、以後、5-11、11-7、6-11、11-6、8-11と交互にゲームを取る内容になった。

迎えた最終第7ゲームで、9-10からバックハンドがアウトになり、競り負け。3-4で初戦敗退が決まった瞬間、張本は顔をしかめていた。

世界ランク5位の張本に対し、ディヤスは65位だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加