佐藤満春、藤井青銅と初対談!お互いが語るそれぞれの凄さ「クセのなさ」「春日への接し方」【連載:佐藤満春って何者?】

佐藤満春、藤井青銅と初対談!お互いが語るそれぞれの凄さ「クセのなさ」「春日への接し方」【連載:佐藤満春って何者?】

  • WEBザテレビジョン
  • 更新日:2022/01/15
No image

佐藤満春(左)と藤井青銅 / ※ザテレビジョン撮影

【写真】圧巻の光景…!オードリーの武道館ライブに1万人以上集結

サトミツこと、どきどきキャンプ・佐藤満春。自身が構成兼DJを務めるラジオ番組では膨大な音楽の知識を生かした生放送を展開し、放送作家として「スッキリ」や「ヒルナンデス」、「キョコロヒー」「オードリーのオールナイトニッポン」など多数の番組に携わる。そして、あるときは掃除やトイレの専門家として「有吉ゼミ」などといった番組に出演し、さらにはロケ企画の進行として参加したオードリーMCの番組「日向坂で会いましょう」で号泣。

この連載では、芸人・放送作家以外にも掃除やトイレの専門家などとしても活動し、人形劇の脚本なども手掛けるなどさまざまな顔を持つ謎の男・佐藤について、インタビューなどを通して紐解いていく。

第5回となる今回は、ラジオ番組「オードリーのオールナイトニッポン」(毎週土曜深夜1:00-3:00、ニッポン放送)で構成作家を務める佐藤と藤井青銅による対談を実施。「青銅さんに放送作家の道を切り開いてもらった」と度々語っている佐藤であるが、藤井青銅との対談は意外にも今回が初めてだという。そんな2人に、出会いについてや「オードリーのオールナイトニッポン」でのエピソード、お互いが考えるそれぞれのすごさなどについて語ってもらった。

「オードリーのオールナイトニッポン」以前に会っていた両者

No image

佐藤満春(左)と藤井青銅 / ※ザテレビジョン撮影

――お2人が対談されるのは今回が意外にも初めてなんですよね。サトミツさんはこのあるごとに、「青銅さんに放送作家の道を切り開いてもらった」と話されています。

藤井:よく言ってくれるのはすごいうれしいんですけど、僕は何にもしてないですよ。

佐藤:いやいやいや。そんなことないですよ、ホントに(笑)。

――お2人の初対面はいつなんでしょうか。

佐藤:一番最初は、ラジオ日本で青銅さんがやられてた「フリートーカージャック」です。僕は、「ラジオが好きで、『伊集院光のOh!デカナイト』で育ちました。とにかくラジオに携わる仕事をしたい」と話したら、「僕が作家をやっていたんだよ」とおっしゃっていたのを覚えています。

藤井:そうでしたか。全然覚えてないですね(笑)。

佐藤:それがファーストコンタクトです。その後に「オードリーのオールナイトニッポン」のレギュラー2回目の時に見学に行って、そこでも青銅さんにごあいさつさせてもらいました。

藤井:そうでしたよね。

佐藤:そこで青銅さんと久々に再会できて、僕の中では勝手に“ドラマ”みたいなものができあがって(笑)。僕はラジオに関わりたくてお笑いを始めて、「フリートーカージャック」で青銅さんとご縁ができて、仲が良いオードリーが「M-1」で準優勝して「オールナイトニッポン」をやることになって、行かしてもらった現場でまた青銅さんにお会いするという。

「オールナイトニッポン」の放送前に、青銅さんから「ラジオ好きで現場に来ちゃう人は、今までも時々いたんだよ」と教えていただきました。僕も「来れるものならずっと来たいな」と思っていたので、「是非とも来たいし、お手伝いできることがあればしたいです」と話したところ、青銅さんは「“放送作家見習い”ということで来ちゃえば」と言っていただいたんです。

藤井:いい加減なこと言ってますね、僕も(笑)。

佐藤:そういうラフな感じで、ラジオの入り口を作ってくださったのが青銅さんでした。

――青銅さんは「放送作家見習いで来ちゃえば」と言ったことを覚えていますか。

藤井:「来ればいいじゃん」って言ったのはなんとなく覚えています。ただ、僕は勝手に来てもいいと思っているのですが、別にギャラが出るわけではない。来れば仕事みたいになっちゃうし、「この時間に来なきゃいけない」とマストになっちゃうのは申し訳ないなという思いもありました。好意にすがっている感じもありますし。でもその後に、佐藤君は正式に作家になりましたよね。

佐藤満春が「オードリーのANN」から一時期離れていた理由

No image

佐藤満春 / ※ザテレビジョン撮影

――サトミツさんは、放送作家見習いとして「オードリーのオールナイトニッポン」に携わっていましたが、一時期番組から離れた時期がありました。そして数年前から、正式に放送作家としてまた携わるようになったんですよね。

佐藤:そうですね。一回お休みさせてもらったのは番組がはじまって5年くらい経過した時だったと思います。理由としては単純に作家として忙しくなりはじめた時でもありました。作家の仕事をはじめた時からずっと「オードリーにひっついて仕事をもらっている」ということは避けようと思っていたんです。彼らとの関係性も壊れてしまうし、自分のためにも絶対よくないと思っていまして。

ちょうどその頃に、ありがたいことに帯の作家の仕事もいただいたりと他の仕事も舞い込みはじめたところだったので、勝負という意味でも一度「オードリーのオールナイトニッポン」は離れさせていただきました。とはいえ、その期間もライブのお手伝いはずっとさせてもらっておりましたし、友人関係でもあったので、土曜に会わなくなったかなくらいの距離感で。その後僕の仕事は、バラエティに限らず情報番組、ニュース、いただいた仕事はなんでもやりました。秋田県の漆職人の密着のドキュメントから政治経済を論評する番組まで。

その後、番組10周年ツアーをやるにあたって、若林君から連絡をもらって依頼いただき、またツアーでお手伝いさせていただきました。それでツアーが終わった後に、(当時番組ディレクターの)石井ちゃんに「番組にもいてもらった方がいいです」って言ってもらい、正式に番組スタッフとしてまた番組に加わりました。

藤井:佐藤君が「作家になりたい」って相談されたときにも、僕は「オードリーに関連するものだけをやるのではなくて、なるべく不得意なものをいっぱいやった方がいいよ」とアドバイスさせていただいたのですが、その時にはもう佐藤君も「そう思います。僕もそのつもりです」と分かっていらっしゃいました。あれは、たまたま街中でまったく偶然会ったときですよね。

佐藤:そうですね。「今後どうしようかな」と迷っていたときに、あるビルで偶然お会いして(笑)。あとは春日さんからの熱烈なカムバックのオファーをいただいて(笑)。

藤井:そうですよね、分かります(笑)。

佐藤満春の原点になっている「ラジオドラマ」の仕事

――そういえば、春日さんは、青銅さんに対しては、“春日語”を使わないんですよね(笑)。

藤井:使わないですね、僕に対しては。

佐藤:人を見て使い分けしてますから(笑)。とはいえ、今僕が番組に戻ったからといって、いきなり何かがよくなるなんてこともないと思いますし、別に変わらないと思います。放送前に若林くんとダラダラと喫茶店に行くこともあるし、春日さんとは会議室で放送とはまったく関係ない話をし続けることもありますし。そんなもんですよ、一緒にいて話を聞いてるくらいのもので。

藤井:でも、もちろん佐藤君に対しての方が相談しやすいでしょうしね。

――サトミツさん的にも、青銅さんともまたご一緒できるのはうれしかったのではないですか。

佐藤:もちろんです。あと僕の中では、もう1個原点になっていることがあって。青銅さんは「らじどらッ!」というニッポン放送のラジオドラマの監修と脚本を担当されていたのですが、作家の1人として声をかけていただき、そこでもいろいろと教えていただきました。あれから僕は、ラジオドラマの脚本を結構書いているんですよ。

藤井:ちょっと特殊なんですよね、ラジオドラマは。誰かに教わらないとなかなかできないと思います。

佐藤:青銅さんに教えてもらった入り口がなければやってないです。

藤井青銅からの助言「得意なこと以外をやらないとダメ」

No image

藤井青銅 / ※ザテレビジョン撮影

――お話を聞いていると、サトミツさんのターニングポイントにはよく青銅さんがいる印象です。

藤井:いや、そんなことはないと思いますよ(笑)。

佐藤:でも、そうなんですよ。勝手に僕はそういうふうに感じています。

藤井:作家になりたいっていう人には、僕は入り口を紹介するしかできないんですよ。「この番組についてみたら」と紹介はできますけど、そこから先は本人が頑張らないと次はありません。作家になりたいという人に、僕がいつも言うのは大体同じことですね。「自分の得意なこと以外のことをやらないとダメだよ」と。ひとつのことだけやっていると、他のこともできる能力があっても色眼鏡で見られてしまって、他の仕事で声がかからなくなってしまうので。

――青銅さんのアドバイスが活きたのですね。

藤井:いや、僕は佐藤君には「何でもやればいいんじゃない」っていうぐらいしか言っていないので、アドバイスも何もしてないですよ。佐藤君はどんどん仕事をされているから、ご自身ですごい頑張ったんだと思うし素晴らしいです。

佐藤:ただ、言葉の端々といいますか、青銅さんに言われたことが少しずつちゃんと頭に残っていますよ。今いろいろとお仕事をいただく中で、「この仕事全然向いてないな」って思うような案件もくるんですけど、「とりあえずは一回やってみる」というのは、まさに青銅さんに教えてもらったことです。

藤井:絶対にやった方がいいですよ。僕は過去にはポエムとかも書いてましたから(笑)。なんでも一応はやってみて、自分に向いてないと分かれば、次からはもう受けなければいいだけの話ですので。

藤井青銅が考える、佐藤満春が“売れっ子”である理由

――青銅さんから見て、サトミツさんが売れっ子である理由はどこにあると思いますか。

藤井:関わっているレギュラー番組は、今何個あるんですか。

佐藤:15本ぐらいです。

藤井:すごいね!すごい売れっ子じゃないですか。佐藤君の原稿を見たことはないので分からないのですが、ひとつはさっきも言った通り、「なんでもやる」という姿勢。あとは人間的に良いんじゃないですか。良い意味でクセがなく、誰とでもやっていけそうな感じがしますよね。喧嘩しないですよね?

佐藤:そうですね、はい(笑)。

藤井:僕も喧嘩はしないで、喧嘩しそうな人との仕事は断ればいいという考え方です。やっぱり作家として、誰とでもうまくやっていけるというのはすごく大事なんですよ。

佐藤満春が明かす藤井青銅のすごさは「春日への接し方」

――逆に、サトミツさんから見た、青銅さんのすごさはどこにありますか。

佐藤:「青銅さんみたいになりたいな」とずっと思っているけどなれないのは、品があるところです。それこそ業界でいろんな仕事をしていると、相手を見て接し方を変える人ってすごくいるんですが、青銅さんは絶対にそれがないんですよ。春日に変に偉そうにするスタッフを山ほど見てきたけど、青銅さんはちゃんと大人として接していますし。まずそれに対して、すごいなと思っています。

あとは「オールナイト」とかでも、提案の仕方がすごくスマートなんです。青銅さんも立場を分かっているからだと思うんですけれど、たぶん「こうしたらいい」と強く考えていても、「このぐらいの言い方にしておこう」みたいな(笑)。

藤井:それは歳をとったからだと思いますよ。でもおっしゃることはよく分かります。後輩は「それは違う」と思ってもなかなか言いづらいでしょうし、あまり言わないようにしようとは思っています。だから番組から早く消えなきゃなって(笑)。

佐藤:いやいや全然そんなことはないですよ(笑)!いてもらわないと困りますよ。

藤井:そういうのも、言葉をカツアゲしているみたいで嫌ですよね(笑)。

佐藤:(笑)。でも、青銅さんは言葉でなにか言うというよりは、やりながら見せてくれる人ですね。参考にするならしてもいいし、という感じで。僕も、青銅さんと若林君のやりとりの端々を見ながら、勝手に勉強させてもらっているという感じです。

藤井:教えることなんかないし、やっぱり優れている人はどんどん上手になっていくんですよ。

ラジオにおけるオードリーのすごさとは…

No image

佐藤満春(左)と藤井青銅 / ※ザテレビジョン撮影

――「オードリーのオールナイトニッポン」はスタートしてから10年以上続く人気番組となっています。お2人から見た、ラジオにおけるオードリーさんのすごさをお聞かせください。

藤井:やはりトークを一生懸命やっているところです。曲をかけてメールを読んで、もっとトークを短くしてもいいんですけど、トーク部分がずっと長いのは、たぶん若林さんの“江戸っ子”的なところも関係していると思っています。江戸っ子って、自分が作ったパターンの中にはまって窮屈だなと思っていてもそれをやり続ける、という気質があるらしいんです。10年以上、600回以上も、トークをし続けるというのはかなりすごいことですよ。

毎回トークをつくらなきゃいけなくて、いつも頭の片隅に「トークを考えないといけない」という意識があることは一番大事な気がするし、おそらく他のお仕事にもいろいろ好影響が出ていると思います。十何年もやっていると、面白いものを見つけて面白く伝えるという能力が日々鍛えられますから。

佐藤:短期間やろうと思ったらできるかもしれないですけど、10年以上も続けているのはすごいですよね。

藤井:そうそう。十何年もやっているというのは素晴らしいことですし、少しでもお役に立てていると思うと嬉しいです。

――サトミツさんは、ラジオにおけるオードリーさんのすごさは何だと思いますか。

佐藤:彼らもいろいろな仕事がある中で、漫才とラジオに関しては特に命をかけてやっているなと、近くで見てても分かります。だからこそ、ちゃんとリスナーにも伝わっているんでしょうね。2人とも放送の間に、結婚したりとかいろんなことがあり、それらをドキュメントとして追うことができるのが、リスナーの楽しみになっている。2人のトークが面白いのはもちろん、人柄みたいなところにも多くの人が魅了されているのではと思います。そういう意味では、自分たちで自身の居場所をつくってずっと進んでいるので、この先もすごい楽しみです。

――最後に、お2人で一緒にやりたい番組があればお聞かせください。

佐藤:僕は断然、青銅さんとラジオドラマをやりたいですね、ストーリーものをもっと勉強させていただきたいです。

藤井:佐藤君のような現役バリバリの人とやることで、いろいろなものを学べるから、若い人のやっている番組についでに呼んでもらいたいです(笑)。年寄りの知恵で「こういうのもあるよ」ってノウハウを伝えられることもあるだろうし、逆に僕は新しいことが吸収できるからすごい嬉しいし。ぜひ年寄りの私を使っていただければと思っています(笑)。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加