阪神北川コーチ物足りないのは「中谷、江越、陽川」

阪神北川コーチ物足りないのは「中谷、江越、陽川」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/11/22
No image

両手を広げ笑顔でナインに指示を出す北川コーチ(撮影・加藤哉)

スパイス加えます! 阪神北川博敏打撃コーチ(48)が21日、オンライン取材に応じ、持ち前の明るさと勝負強さを1軍に注入すると「所信表明」した。現役時代からニコニコ顔で親しまれる逆転イッパツマンは2軍から1軍担当に配置転換。チームに新たな化学反応を起こすため、ファームで1年間鍛え上げた井上の来春1軍キャンプ推薦案も明かした。

◇   ◇   ◇

-北川コーチといえば勝負強さ。勝負強さを引き出すために必要な指導は

タイガースというチームは、やっぱりファンも多い。周りからの期待も普通のチームに比べたら大きい。そのプレッシャーの中で、どう平常心でいられるかというのが一番。そこをなんとか、パフォーマンスができるような方向に持っていきたい。

-高山をどう見るか

インサイドの速いボールが打てないとか、そういう弱点みたいなのは本人も気にしている。本人も打つスタイルというのを変えている最中。オープン気味に構えて両目でしっかり見てというのを今取り組んでいます。少しずつ新しい高山という形が出来ているのかなと思っています。

-2軍から見ていて物足りないと感じた選手

そりゃ僕からしたら右バッターなんで、中谷、江越、陽川ですよね。この3人がもっともっと長打力も打点も挙げられるようになれば、すごく驚異なチームになるだろうなというのは思います。

-ドラフト1位佐藤輝のイメージ

やっぱりパワーがすごいというか、スイングスピードも強い。大学生としてはズバ抜けたスイング力を持ってる。僕自身はすごく不安でいます。ちゃんと育てないと、というか、結果残せなかったら全部僕がたたかれると思う。そういう意味ではプレッシャーとの闘いがすごくあります(笑い)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加