ブルワーズがサヨナラ勝ち、ヒウラが決勝犠飛

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/09/15

<ブルワーズ2−1カージナルス>◇ダブルヘッダー第1試合(7イニング制)◇14日(日本時間15日)◇ミラーパーク

ブルワーズは1点を追う8回裏、3番ライアン・ブラウン右翼手のタイムリー二塁打で同点に。この後、5番ケストン・ヒウラ二塁手の犠飛でアビサイル・ガルシア中堅手が決勝のホームを踏んだ。

ヒウラはこの日ノーヒットだったが、大事な場面で役割を果たし、チームに勝利をもたらした。(AP)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加