深川麻衣[イベントレポート]主演映画『おもいで写眞』ドライブインシアターで香里奈とともに舞台挨拶!

深川麻衣[イベントレポート]主演映画『おもいで写眞』ドライブインシアターで香里奈とともに舞台挨拶!

  • Pop'n'Roll(ポップンロール)
  • 更新日:2021/02/21
No image

深川麻衣[イベントレポート]主演映画『おもいで写眞』ドライブインシアターで香里奈とともに舞台挨拶!

深川麻衣が主演を務める映画『おもいで写眞』の「ドライブインシアター上映会」が、2月21日(日)にイオン海老名 タイムズイオン海老名立体駐車場屋上にて開催された。イベントには深川麻衣と共演の香里奈が登壇。到着したイベントレポートをお届けする。

【画像はこちら】

イベント当日は、会場に集まった車のヘッドライトがキャストの登壇を歓迎。その様子に深川は“私も今回初めてドライブインシアターに参加させて頂くんですけど、想像以上に凄くて新鮮です”と挨拶し、香里奈も“ドライブインシアターでの舞台挨拶が初めてだったので、凄く楽しみにしていました。会話は出来ないですけど、皆様のお顔を見られるのはとても嬉しいです”と新しい形での舞台挨拶の喜びを語った。

本作の見どころについて深川は、“私が演じた結子は、夢があって東京で頑張っていたけど、夢半ばで敗れてしまいおばあちゃんが亡くなったことをきっかけに出身である富山に戻ってきて写真の仕事をします。八方美人とは真逆のような、思っていることがすぐ顔や言葉に出てしまう子です。苦しみを抱えているので、笑顔も少なかった結子が色々な人と関わっていくうちに少しずつ変わっていく所を注目してほしいです”と語る。

続けて香里奈は、“私の役どころは、富山で普段からホームヘルパーとして働いているので、ご年配の方と若者の中立の立場にいて、陰ながら若者を応援している、素敵な女性を演じさせてもらいました”と役どころについてコメント。

撮影を振り返っての感想を聞かれた深川は、“全編富山ロケなんですが、本当に地元の方が暖かくて、ご飯も美味しいし、魚市場や射水市だったり、富山の方の全面協力で撮れた作品です。とくに金屋町が本当に素敵な街並みで印象に残っています”と当時の様子を語った。

No image

映画『おもいで写眞』ドライブインシアター上映会

また、本作のキーポイントとなる団地での撮影について香里奈は“私の登場シーンが団地前でのシーンが多いので、一番おもいで深い場所でもあります。本当にたくさんの団地が建っていて、未だに住まわれている場所で撮影させてもらったので、新鮮でしたし、こういう景色はずっと残しておいてほしいなと思います”と自身の思いを綴った。

また、熊澤監督の原作小説を読んでの印象を聞かれた深川は、“ストーリーの筋は映画よりも本編中では描かれていない一人一人のエピソードやサイドストーリーがより深掘りされていました。なので、原作を読んで映画を観ても楽しめると思いますし、映画を観てから原作を読んでみてもより楽しめる内容になっていると思います”と見どころを語った。

さらにこの日、37歳の誕生日を迎えた香里奈に花束のサプライズプレゼントが。深川のハッピーバースデーソングのリズムに合わせてヘッドライトを点滅し祝福される光の景色に香里奈は“本当に嬉しいです。ありがとうございます。また皆さんにお会いできるようにお仕事頑張りますので、これからもよろしくお願いします”と、ドライブインシアターならではの美しい光景に浸り、思い出に残る一日になった様子だった。

No image

映画『おもいで写眞』ドライブインシアター上映会

最後に、香里奈は“鑑賞後に心が温まるそんな映画だと思います。いくつになっても挑戦することは大事だなとか素敵だなとか、何年経っても輝けるような映画になっていると思います。こういう状況下でなかなか人に会えないかもしれませんが、自分の大切な人や家族や友達などと連絡をとって、大切にしたいなと思っていただけると嬉しいです。そして、祝っていただきありがとうございました。一生の思い出です。今日は楽しんでいってください”と笑顔で語った。

深川は“写真をテーマに人と人とがつながっていく温かい作品になっていると思います。今日は、車という特別な空間でゆっくり楽しんでください。皆さんにとっての忘れかけたものや日常の幸せとか、大切な人との距離が縮まるきっかけになったら嬉しいです。今日は本当にありがとうございました”と感謝の思いを語った。

最後に、来場した車1台1台に笑顔で手を振りながら会場をぐるっと一周し、キャストと観客の心の距離もぐっと縮まるイベントとなった。

No image

映画『おもいで写眞』ドライブインシアター上映会

映画『おもいで写眞』

2021年1月29日(金)全国公開

出演:深川麻衣 高良健吾 香里奈 井浦新 古谷一行/吉行和子

監督:熊澤尚人

脚本:熊澤尚人、まなべゆきこ

原作:熊澤尚人『おもいで写眞』(幻冬舎文庫)

主題歌:安田レイ「amber」(ソニー・ミュージックレーベルズ)

製作:テンカラット ソニー・ミュージックエンタテインメント イオンエンターテイメント 関西テレビ放送 スタジオブルー

製作プロダクション:スタジオブルー

配給:イオンエンターテイメント

【ストーリー】

1枚の写真で人生が眩しく輝きだす。遺影写真は終わりのためでなく、残りの人生を楽しむために撮るもの。

東京でメイクアップアーティストを志す音更結子(深川麻衣)は、メイクの仕事をしながら美容部員として働いていたが、嘘が嫌いで頑固な性格が災いし、仕事をクビになってしまう。そんな結子に追い打ちをかけるように、大切な祖母が亡くなったと知らせが――。幼い頃、自分を捨てた母の代わりに自分を育ててくれた祖母を、ひとり寂しく死なせてしまった後悔に苛まれる結子。夢も大切な人も失った結子は、故郷へ戻ることを決める。ある日結子は、幼なじみで役所に勤める星野一郎(高良健吾)から、お年寄り向けに“遺影”撮影の仕事をしてみないかと誘われる。写真館を営んでいた祖母の遺影がピンボケ写真だったことを悔やんでいた結子は、その仕事を引き受ける。最初は、縁起が悪いと敬遠され、なかなかお年寄りたちに受け入れられない結子だが、1人暮らしのお年寄り・山岸和子(吉行和子)との出会いをきっかけに、“遺影”撮影ではなく、それぞれの思い出溢れる場所で写真を撮る“おもいで写真”を撮り始める。結子はお年寄り達とふれあう中で、次第に赦しの意味を知り、人生の意味を見いだしていく。

関連リンク

公式サイト

©「おもいで写眞」製作委員会

Pop'n'Roll 編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加