14歳の玉井陸斗が代表内定確実 男子高飛び込みの新星

14歳の玉井陸斗が代表内定確実 男子高飛び込みの新星

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/05/05
No image

男子高飛び込み予選5本目 玉井陸斗の演技(撮影・堀内翔)

「飛び込み・W杯」(3日、東京アクアティクスセンター)

東京五輪最終予選を兼ねて行われ、14歳の玉井陸斗(JSS宝塚)が事実上東京五輪に内定した。玉井は男子高飛び込み予選で、405・20点の15位となり、18位以内の準決勝進出が確定。今大会で18位以内なら代表に内定するため、棄権などのアクシデントなく準決勝を終え、順位を確定させることが条件となっている。

西田玲雄(20)=大阪水泳学校=も392・00点の18位で準決勝進出を決め、代表入りを確実にした。

14歳の中学3年生がギリギリで“一発勝負”をものにした。玉井は1本目の407C(後踏切前宙返り3回半抱え型)で86・40点を獲得し、2位発進。しかし2本目の207B(後宙返り3回半えび型)で入水が大きく乱れ、39・60点で23位まで順位を落とした。その後も苦しい演技が続いたが、19位で迎えた最終6本目の5255B(後宙返り1回半2回半ひねりえび型)を美しく決め、91・80点を獲得。準決勝進出圏内に滑り込んだ。

玉井は年齢制限のため、これまでに五輪内定の可能性が懸かった19年世界選手権、アジア杯に出場できなかった。今大会での切符獲得が最初で最後のチャンスだった。そんな重圧からか、国際大会でのベストスコア456・20点には遠く及ばない点数にとどまったが、最後に勝負強さも発揮した。

もともとは20年夏の東京五輪で日本男子最年少出場記録の更新(13歳10カ月)が懸かっていたが、1年延期で幻に。しかし1年の時を経て、心も体もよりたくましく成長し、夢舞台への切符を手中に収めた。8月7日に行われる競技の決勝は、14歳330日(10カ月27日)で迎える。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加