「これ生で見れたのめっちゃ自慢してる」FIFAが公開した「ネイマールの“日本での世界デビュー映像”」が反響! 実際に対峙した元Jリーガーも「記念映像です」と

「これ生で見れたのめっちゃ自慢してる」FIFAが公開した「ネイマールの“日本での世界デビュー映像”」が反響! 実際に対峙した元Jリーガーも「記念映像です」と

  • サッカー批評Web
  • 更新日:2023/01/26
No image

ネイマールは日本を舞台に世界デビューを果たした 撮影:中地拓也

FIFAはSNSで、日本を舞台としたブラジル代表ネイマールの世界デビュー動画を投稿した。19歳が見せたインパクト絶大のプレーへの驚きが広がるとともに、対戦したJリーグクラブと当時の所属選手も思い出をつづっている。

関連:ネイマール「最後のワールドカップ」に待っていた「立ち上がれないほどの悲しすぎるフィナーレ」【カタールワールドカップ クロアチア代表vsブラジル代表】原悦生PHOTOギャラリー「サッカー遠近」

FIFAは日本語版も含めたツイッター公式アカウントで、2011年のある動画を公開した。「印象に残るゴールシーン 2011年に日本で行われたクラブワールドカップで、すでにネイマールは異次元のプレーを魅せていました」。投稿での紹介にあるとおり、アップされたのは12年前の世界一を決める大会のワンシーンだ。

日本がホスト国となった同年のクラブW杯で、開催国代表として出場したのが同年のJ1で優勝した柏レイソルだった。J2から復帰したばかりのシーズンにJ1を制した柏は、その勢いのままにオセアニア代表のオークランド・シティ(ニュージーランド)、カリブ海・北中米代表のモンテレイ(メキシコ)を倒して準決勝へ進出。そこで待っていたのが南米代表のサントス(ブラジル)だった。

まだヨーロッパへ飛び出す前の酒井宏樹らを擁する柏の野心は、いきなりくじかれた。開始19分に先制点を献上してしまったのだ。決めたのは、まだ19歳のネイマールだった。

縦パスを受けたネイマールは、ペナルティーエリア手前でシュート体勢に入る。柏MF大谷秀和が猛ダッシュで守備に入り、スライディングで体を投げ出す。だが、背後から飛び出してくる大谷の動きも承知の上とばかりに、ネイマールはボールを柔らかくなでながらも鋭く大きな切り返しを披露。間を置かずに放った左足のシュートに、柏GK菅野孝憲は重心を崩されたまま見送るしかなかった。

■「衝撃しかなかった」

このシーンが日本語版アカウントで投稿されると、コメント欄でネイマールの世界デビューを目撃した感動が再燃した。

「この持ち替えのシーンめっちゃ覚えてる」
「これネイマールのゴールで一番好き リアルタイムで観てて衝撃しかなかった」
「この年のCWCめっちゃ記憶残ってるなあ」
「これめっちゃ覚えてる この時19歳なの含めてエグすぎるわ」
「友達にこれ生で見れたのめっちゃ自慢してる」
「このプレーでネイマールの名が世界に知れ渡ったと言ってもいいぐらいやと思うわ」

さらには柏もツイッター公式アカウントで「スライディングに行った大谷秀和キャプテンは「まず自分が行って誰かカバーしてくれたら」と身を投げ出しましたが、ネイマールのシュートが凄すぎました」と引用リツイート。この試合にDFとして出場しており、ゴールが決まる瞬間にばっちり姿が映っている増嶋竜也さんも「ネイマールと世界デビューを果たした記念映像です」と、振り返っていた。

この準決勝に3-1で勝利したサントスは、決勝でヨーロッパ代表のバルセロナと対戦。0-4で敗れたが、約1年半後にネイマールはバルセロナへと移籍し、さらなる高みへと歩を進めていった。

いま一番読まれている記事を読む

サッカー批評編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加