更年期のイライラで家族に八つ当たり...「更年期孤立」50代女性の危機を救ったのは

更年期のイライラで家族に八つ当たり...「更年期孤立」50代女性の危機を救ったのは

  • OTONA SALONE[オトナサローネ]
  • 更新日:2022/09/23
No image

40~50代になり、「イライラしてすぐに八つ当たりしてしまう」「最近、イライラすることが多い」などと悩んでいませんか?

日本の女性は、平均で50歳頃に閉経を迎えることが多く、閉経を挟んだ前後5年間は「更年期」と呼ばれています。

この時期は、ホルモンバランスの影響で、からだや心のさまざまな不調に悩む女性が多いようです。

更年期女性が持つお悩みのひとつに「イライラ」などの精神症状があります。

今回は、イライラを改善する方法について「あんしん漢方」の薬剤師、清水みゆきさんに教えてもらいました。

「夫にはもう我慢の限界」顔を合わせれば文句を浴びせ続けた妻

No image

マキコさん(53歳)は、最近、ご主人との夫婦関係で悩んでいました。

「半年ほど前、就職した息子が家を出たので、夫と二人きりの生活になりました。もともと夫婦仲はよかったのに、その頃からなぜか夫と顔を合わせるとイライラするように……」

ご主人のやることなすことが目について、マキコさんはすぐにイライラして怒鳴りちらしてしまうそう。

覇気がなく何を考えているのかわからない夫

No image

マキコさんと同じ歳のご主人はというと、50代になってから覇気がなくなり、なんだか弱弱しく感じるようになったそうです。

「私が話しかけても、生返事ばかりで、聞いているのかいないのかもわかりません。家にいてもとくに何かするわけでもなく、共通の趣味や話題もありません」

ご主人は家にいるときは、スマホで将棋ゲームばかりしているのだといいます。

「何を考えているのかわからないし、一緒にいてもつまらない」

マキコさんは、さらにご主人にいらだち、やることなすこと気に入らないという悪循環に陥ってしまいました。

でも、そのイライラの原因は夫ではなく…ホルモンバランス!?

No image

ある日、婦人科の定期健診をうけたマキコさんは、ご主人への不満や最近イライラすることを何気なく医師に話したそうです。

「もしかしたら、更年期が原因かもしれないですね。ホルモンバランスの乱れは自律神経を不安定にするので、イライラしやすくなるんです。夫婦関係も悪化しやすいんですよ」

と医師から思いがけない言葉を言われたそうです。

「更年期がイライラの原因とは……。夫のことは気になりますが、夫のせいだけにせず、まずは私の体調を整えた方がいいかもしれないと思いました」

医師にイライラの改善法を相談したところ、抑肝散(よくかんさん)という漢方薬が処方されました。

抑肝散は、気血(きけつ)の巡りを改善し、自律神経のバランスを整えてイライラの改善が期待できる漢方薬です。

「漢方薬を始めて、やたらとイライラしなくなりました。お医者さんに『男性にも更年期がある』と聞いたので、夫もしょうがない時期なのかもと優しく接するようにしています」

「根本的に更年期のイライラを解消したい」なら漢方薬を試してみて!

No image

更年期症状のひとつでもある「イライラ」。

更年期の不調の改善には日本産婦人科学会も推奨している漢方薬がおすすめです。

更年期になると、女性ホルモンの急激な減少により、自律神経のバランスが乱れて感情が不安定となり、イライラしやすくなります。

ただ、イライラの原因としては、ホルモンバランスの乱れ以外にも、緊張やストレス、過労などが考えられます。

更年期のイライラには、自律神経のバランスを整えて緊張した神経を落ちつける、過剰な興奮を鎮める、抗ストレス作用のある生薬などを含む漢方薬が選ばれます。

また、心とからだのバランスを整えることで、イライラだけでなく、不眠や不安感、疲れやすさなど、更年期のさまざまな不調を同時に改善することが可能です。

からだの内側からやさしく働く漢方薬なら、毎日のむだけで不調の解消と根本的な体質改善を目指せるでしょう。

<更年期のイライラの改善におすすめの漢方薬>

桃核承気湯(とうかくじょうきとう):便秘やのぼせ、月経痛が気になる方に。

柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう):動悸や不眠が気になる方に。

加味逍遙散(かみしょうようさん):ホットフラッシュや精神不安が気になる方に。

漢方薬を選ぶ際の重要なポイントは、その人の状態や体質に合っているか、という点です。

うまく合っていないと、効果を感じられないだけでなく、場合によっては副作用が生じることもあります。

どの漢方薬が自分に向いているのかを見極めるためには、専門家に力を借りるのがおすすめです。

漢方に詳しい薬剤師がAIを活用し、お手頃価格で、個人に効く漢方を見極めて自宅に郵送してくれる「あんしん漢方(オンライン個別相談)」などのオンライン漢方サービスに、一度相談してみるのもいいでしょう。

相談もスマホで完結しますので、対面では相談しにくい悩みも気軽に相談できます。

更年期のイライラから抜け出そう!

No image

40代や50代のイライラは更年期が原因かもしれません。

我慢せずに専門家へ相談してみませんか?

漢方薬で心とからだのバランスを整えて、更年期も笑顔で過ごしていきましょう。

<この記事を書いた人>

No image

あんしん漢方(オンラインAI漢方)薬剤師 清水みゆき

漢方薬・生薬認定薬剤師  JAMHA認定ハーバルセラピスト

製薬企業の研究所勤務を経て、漢方調剤薬局に8年間勤務。漢方薬の服薬指導、食事や養生法での健康づくりのサポート、ハーブティーやアロマの相談販売に従事。

現在も漢方調剤薬局で薬剤師として働きながら、「ママのためのやさしい漢方」のサイト運営や漢方やハーブの通信講座やセミナー講師としても活動中です。

≪あんしん漢方 薬剤師  清水 みゆきさんの他の記事をチェック!≫

OTONA SALONE

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加