ロシア軍 ハルキウから完全撤退決断か 米シンクタンク

ロシア軍 ハルキウから完全撤退決断か 米シンクタンク

  • テレ朝news
  • 更新日:2022/05/15
No image

動画を見る(元記事へ)

ウクライナ軍の攻勢が伝えられていたウクライナ第2の都市ハルキウからロシア軍が完全撤退を決めたとみられるとの分析をアメリカのシンクタンクが公表しました。

アメリカのシンクタンク「戦争研究所」は13日、「ロシア軍はウクライナ軍による反撃や補強の制限を受けて、ハルキウ市周辺から完全に撤退することを決めたようだ」との分析を発表しました。

「ウクライナ軍はキーウと同様にロシア軍による包囲を阻止し、市の周辺から追い出した」としています。

ウクライナ側も連日、ハルキウで攻勢を強めていることを伝えていました。

一方、南東部マリウポリのアゾフスタリ製鉄所について「戦争研究所」は、ロシア軍が西側の入口に近い幹線道路を占領したとみられるとしながらも戦闘はまだ続いているとしています。

(C) CABLE NEWS NETWORK 2022

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加