俳優チャン・グンソク、軍隊から除隊して5年...「現場で『僕が生きているな』と感じる」=新ドラマ「ミッキ」記者懇談会

俳優チャン・グンソク、軍隊から除隊して5年...「現場で『僕が生きているな』と感じる」=新ドラマ「ミッキ」記者懇談会

  • WoW!Korea
  • 更新日:2023/01/25
No image

俳優チャン・グンソク、軍隊から除隊して5年…「現場で『僕が生きているな』と感じる」=新ドラマ「ミッキ」記者懇談会(画像提供:wowkorea)

韓国の俳優チャン・グンソクが5年ぶりの復帰への感想を伝えた。

25日午後、ソウル・カンナム(江南)区のMEGABOX COEXで動画プラットフォームCoupang Play「ミッキ(餌)」(脚本:キム・ジヌク、演出:キム・ホンソン)のマスコミ試写会および記者懇談会が開かれた。イベントにはキム・ホンソク監督をはじめに、俳優のチャン・グンソク、ホ・ソンテ、イ・エリヤが出席した。

同日、チャン・グンソクは「軍隊に行ってきてから5年という時間がすぐに過ぎたようだ。ここまで時間が長くかかるとは僕も分からなかった」と口を開いた。

彼は「最初にお話したかったのは、その時間に待っていたことが無駄にならないように、僕が大切に抱いていたのが『ミッキ』だと言える」と、作品に対する自負心をあらわにした。

さらに「5年間、充電もたくさんした。一度も活動をしながら休んだことがない。休んだというより本当にやりたい人生をたくさん楽しみながら暮らした」とし、「もちろんその途中に台本もたくさん読んで、絶えず研究もたくさんして、学びたいことも多く学びながら過ごして5年という時間になった」と説明した。

それと共に「その時間が迷惑にならないよう、現場で最大限監督と多くの相談をした。俳優の方々とも同じで。『どうすればよい絵を作れるだろうか』と思った」とし、「久しぶりに現場の雰囲気を感じてみると、『僕が生きているな』と感じることができた。それだけに現場が楽しかったし、意味深い作品だ」と付け加えた。

「ミッキ」は有事以来最大の詐欺事件の犯人が死亡してから8年後、彼が殺人事件の容疑者として名指しされながら、これを取り巻く秘密を追跡する犯罪スリラー。

「ミッキ」は来たる27日午後8時に初公開される。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加