西武・髙橋光成が新選手会長に就任「自分にできることを精一杯頑張ります」

西武・髙橋光成が新選手会長に就任「自分にできることを精一杯頑張ります」

  • ベースボールキング
  • 更新日:2021/11/25
No image

西武・髙橋光成 (C)Kyodo News

◆ 森友哉からバトン

西武は25日、髙橋光成投手(24)が2022年シーズンの選手会長を務めることを発表した。

髙橋は前橋育英高から2014年のドラフト1位で西武に入団した右腕。プロ7年目の今季は自身初めて開幕投手に指名され、27試合に登板しチームトップの11勝(9敗)、防御率3.78をマーク。2020年シーズンから「会計」の肩書で選手会役員を務めており、1学年上の森友哉からバトンを引き継ぐ形での“昇格”となった。

大役を任されることになった髙橋は「はじめてのことで不安はありますが、自分にできることを精一杯がんばります。ファンの皆さま、引き続きご声援をお願いいたします」と球団を通じてコメント。

なお、副会長など他の役員に関しては後日発表されるとのこと。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加