初恋の悪魔:第4話 世界英雄協会を名乗る愉快犯 “悠日”仲野太賀が“鈴之介”林遣都に助けを求める

初恋の悪魔:第4話 世界英雄協会を名乗る愉快犯 “悠日”仲野太賀が“鈴之介”林遣都に助けを求める

  • MANTANWEB
  • 更新日:2022/08/05
No image

「初恋の悪魔」第4話の一場面=日本テレビ提供

俳優の林遣都さんと仲野太賀さんダブル主演の連続ドラマ「初恋の悪魔」(日本テレビ系、土曜午後10時)第4話が8月6日に放送される。

【写真特集】伊藤英明が松岡茉優に接近? 第4話場面写真16枚公開!

マナーやルールを守らない人が矢で射られる事件が続発。「世界英雄協会」を名乗る男が「迷惑をかける人間を排除する」と宣言。新たな犠牲者が出ることが予想され、渚(佐久間由衣さん)は捜査会議で懸命に協会の危険性を訴えたが、相手にされない。

悠日(仲野さん)宅に転がり込んでいる星砂(松岡茉優さん)は別人格の自分の存在におびえる。悠日は、そんな星砂を気遣っていた。

鈴之介(林さん)は家の中で見つかった監視カメラを、森園(安田顕さん)に手伝ってもらって撤去。森園は、自分は駆け出しのサスペンス小説家だと言う。期待していたようなシリアルキラーではなかったことに鈴之介は落胆する。

しかし、森園家には妻と呼ばれる女性以外にも怪しげな多くの女性が出入りする様子を何度も見掛け、鈴之介は混乱。やはり森園は謎多き人物のようだ。

世界英雄協会の犯行は続き、犯行はいつしか愉快犯となり、犯行声明と共にクイズを出題。大量の数字が並ぶ暗号を示し、自らのアジトを示唆する。琉夏(柄本佑さん)は渚に頼まれて、数字クイズ解読に取り組むが、犯人特定は進まない。渚もけがをさせられ、悠日と琉夏は鈴之介に助けを求めるが……。

脚本は「東京ラブストーリー」などの坂元裕二さん。警察署でそれぞれ別の部署に勤める訳ありの4人が難事件を解明する姿を描く。やがて、4人の間には友情が芽生え、恋模様も描かれる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加