【前編】専業主婦は子どものお弁当を作るべき?義母の言葉にイラッ!

【前編】専業主婦は子どものお弁当を作るべき?義母の言葉にイラッ!

  • ママスタセレクト
  • 更新日:2021/01/13
No image

中高校生の子どもがいる場合、ママの朝一の仕事が「お弁当作り」になるご家庭もあるかもしれませんね。ただママが朝が苦手だったり料理が得意でなかったりする場合、お弁当を作れないこともあるかもしれません。そんなママから投稿が寄せられました。

『私立高校に通う男の子がいて、毎日校内のコンビニやキッチンカーでお昼ご飯を買ってもらっています。私は朝が苦手で料理も楽しいと思ったことがなく、3食以外を作りたいと思いません。最近、義実家の集まりで子どもがこのことを話しました。義兄夫婦にはわが子と同学年の娘がいて、嫁が「高校はお弁当で大変だ~」と言ったときでした。私は義母に呼び出されて「専業主婦なのにお弁当を作らないのは怠け」「お弁当は愛情表現だ」「手抜きばかり」と叱られました。私は「でもうちの子は気を遣って購買にしてくれています」「男の子だし母の弁当なんて食べたくないですよ」と言いました。義母の言う通り、専業主婦ならお弁当を作るのが務めですか?』

投稿をしてくれたママは子どもにお弁当を作らず、学校で買ってもらっているそうです。そんな話を聞いて義母から苦言が。ママも負けじと言い返したのですが、専業主婦であるママは、やはり子どものお弁当を作るべきなのでしょうか。

専業主婦かどうかが重要なのではなく……

『自分が楽をしたいという気持ちが、子どもへの愛情よりも大きい投稿者さん』

『専業ならというか「親なら」じゃない? 高校生の子どものお弁当を作るのに、専業も兼業もないでしょ。うちは中学からお弁当で私はフルタイムで働いているけれど、5時に起きて作っているし、それが当たり前だと思っているけれど』

『子どもより早く出勤するならわかるけれど、専業なのに作れない? 朝が苦手で起きられない人は山程いる、それでもみんな起きてお弁当作っているよ』

『子どもに気を遣わせるなよ。私は兼業だけれど毎日お弁当を作るよ。もちろん買ってもらうときもたまにはあるけれど。主婦歴だって長いのに怠けでしかない』

朝が苦手だったり料理が苦手だったりするママもいると思いますが、それでも子どものために弁当作りをしているというコメントが多く寄せられました。なかにはフルタイムで働きながら、子どものお弁当を作っているママもいるようです。「専業主婦なのに」という義母から言われた言葉が引っかかっている投稿者さんですが、専業主婦だからお弁当を作って当たり前、働いていれば作らなくていいということではなく、シンプルに子どもにお弁当を作らないことについて義母さんは苦言を呈したのかもしれませんね。

なぜ義母はそんなことを言うのか?

投稿者さんが怠けているとしか思えないから

『朝が苦手、お料理が好きじゃないという理由では、そりゃ怠けと思うよね』

『家事をやるための専業なんだから、義母に怠けていると言われても仕方ないわ』

お勤めには出ておらず、専業主婦だという投稿者さん。一般的には専業主婦=家事を専門に行う立場だと思われているのではないでしょうか。そんな投稿者さんが朝起きずに子どものお弁当も作らないとなれば、義母からすると怠けているように見えているのかもしれません。義母としては、専業主婦ならやるべきことをしっかりやりなさい! と言いたくなってしまうのでしょうね。

子ども(孫)がかわいそうだと感じたから

『子どもも毎日買うのを面倒に感じる日もあるかも』

『自分だけ買いに行ったりするのはかわいそう』

義母は毎日お弁当を買いに行く孫の話を聞いて、「面倒に思っているのではないか」「お弁当を持ってくる他の子を羨ましいと思っているのではないか」と思った可能性もあります。そのため孫のことを考えて投稿者さんを叱ったのかもしれません。

『うちもコンビニか食堂で食べることがあるけれど、ほとんどお弁当だし周りもお弁当だよ』

高校生の子どもを持つママからは、ほとんどの生徒がお弁当を持ってくるとのコメントがありました。

朝起きられず料理も苦手なので、子どものお弁当は作らないという投稿者さん。そのことを義母から叱られてしまい、さらにママスタコミュニティのママたちからも苦言が呈されました。義母は子どもにお弁当を作るのは当然で、作らないのは手抜きだと思っている様子。それにお弁当は子どもへの愛情表現だとの言葉も見られました。このような考えに関しては、他のママたちも意見がありそうです。
後編へ続く。

文・川崎さちえ イラスト・Ponko 編集・一ノ瀬奈津

ママスタセレクト

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加