代表での立場の変化を経験している赤穂ひまわり「自覚を持ちつつ、中間管理職のように」

代表での立場の変化を経験している赤穂ひまわり「自覚を持ちつつ、中間管理職のように」

  • バスケットボールキング
  • 更新日:2022/08/06
No image

ラトビア代表との三井不動産カップに向けて意気込みを語った赤穂[写真]=伊藤 大允

8月4日、「三井不動産カップ2022(宮城大会)」に向けて強化合宿を行っている女子日本代表(FIBAランキング8位)の赤穂ひまわり(デンソーアイリス)がオンライン会見に応じた。

9月22日からオーストラリアで開催される「FIBAワールドカップ2022」に向けて強化を行っている女子日本代表は、8月11日・12日にFIBAランキング24位のラトビア代表と対戦する。

ゼビオアリーナ仙台で行われるラトビアとの「三井不動産カップ2022(宮城大会)」について赤穂は、「ワールドカップ前に日本でできる最後の試合だと思うので、日本らしいバスケットをして、ファンの皆さんに楽しんでもらえるようなプレーをしたいです。しっかり次につなげられるように、大会にいい状態で入れるよう頑張りたいです」と意気込んだ。

6月に行われた「三井不動産カップ2022(千葉大会)」ではトルコ代表を相手に2連勝。赤穂は第2戦で、10得点10リバウンドのダブルダブルをマークするなど、しっかりと存在感を示した。

「コンディションがトルコ戦に比べて徐々に上がってきていると感じています」と話す赤穂は、前回2018年のワールドカップへの出場や、東京オリンピックにアジアカップと多くの国際大会を経験している。

「オリンピックでは下っ端という感じでついていっているだけでしたが、アジアカップで上の選手がいなくて、お姉さん方のありがたみやすごさを実感しました。今は下の子も入ってきて、立場的にも中間になりました。今は下の子たちの若さに圧倒されつつ、彼女たちがやりやすいようにしていきたいなと思っています」

8月末に24歳となる赤穂は、早くも代表チームの中で立場の変化を経験しているようだが、「上のお姉さん方に頼りっぱなしはダメだと思うので、そこは自覚を持ちつつ、中間管理職のようにチームの間に立てるように頑張りたいなと思います」と冷静に語り、新たな役割をすでに受け入れているようだ。

バスケットボールキング

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加