ソフトバンク今宮、歴代4位タイの通算305犠打

ソフトバンク今宮、歴代4位タイの通算305犠打

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/04/06
No image

日本ハム対ソフトバンク 試合後、タッチするソフトバンクナイン(撮影・黒川智章)

<日本ハム0-7ソフトバンク>◇6日◇札幌ドーム

2試合ぶりにスタメン復帰した今宮がきっちり「2番」の役目をこなした。初回に今季初となる犠打を決め先制点をアシスト。通算犠打数も305となり元西武の伊東勤に並びパ・リーグタイ、プロ野球歴代4位タイとなった。2打席目は1死満塁から中犠飛。7回に巡ってきた4打席目には左翼フェンス直撃のヒットを放った。3月28日のロッテ戦(ペイペイドーム)以来の安打に笑顔を見せた。「(開幕から)打撃自体は悪くない」と話すだけに、打撃上昇のきっかけにしたいところだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加