トルソワは4度の4回転組み込む構成で逆転狙うも無念の4位 4度転倒で6点の減点

トルソワは4度の4回転組み込む構成で逆転狙うも無念の4位 4度転倒で6点の減点

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/11/22
No image

アレクサンドラ・トルソワ

「フィギュアスケート GPシリーズ ロシア杯」(22日、モスクワ)

女子フリーが行われ、SP2位の元世界女王のエリザベータ・トゥクタミシェワ(23)=ロシア=がフリー1位の148・69点をマークし、合計223・39点で逆転優勝を果たした。SP首位だった昨年のGPファイナル女王のアリョーナ・コストルナヤ(17)=ロシア=は220・78点で2位。SP3位だった昨季のGPファイナル3位のアレクサンドラ・トルソワ(16)=ロシア=は4度の転倒が響き、4位に終わった。

トルソワは3種類4度の4回転を組み込んだ女子では異例の高難度構成で挑んだが、4度の転倒もあり、4位に終わった。

冒頭から4回転サルコー、4回転ルッツ、4回転トーループと立て続けに失敗。苦しい立ち上がりになると、終盤には3回転ルッツでも転倒。3度目、4度目の転倒は2点減点されるため、計6点の減点となった。

今季のGPシリーズはコロナ禍で世界各国において渡航や入国が制限されていることから、各大会とも開催国の選手、開催国で定期的に練習している選手などに参加を限り、1人1大会出場で変則的に実施される。審判も開催国の審判のみとなるため、得点は参考記録となる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加