「勤人落語III」の“公開収録公演”に磯野大・輝山立・上仁樹・フクシノブキら

「勤人落語III」の“公開収録公演”に磯野大・輝山立・上仁樹・フクシノブキら

  • ステージナタリー
  • 更新日:2021/10/14

舞台「勤人(リーマン)落語III」の“公開収録公演”が11月3日から7日まで東京・アトリエファンファーレ東新宿で開催される。

No image

舞台「勤人落語」ロゴ

すべての画像を見る(全7件)

「勤人落語」は、奮闘するサラリーマンのエピソードを題材にした現代落語を、スーツ姿の俳優たちが届けるシリーズ。第3弾となる今回は、各回20席程度限定で公開収録公演を行い、12月下旬より公演映像を配信する。

脚本・演出を23が手がけ、出演者には淺川眞來(MARK)、磯野大輝山立、坂口実成夢、上仁樹服部武雄フクシノブキ福士申樹)、毎熊宏介が名を連ねた。なお「匂うオフィス」「オフィスの幽霊」「結婚のご挨拶」「美香子さんを待ちながら」「地獄梯子」の5演目から各回3作が上演され、3名のキャストが登場する。出演スケジュールについては公式サイトで確認を。

公開収録公演のILLUMINUS先行販売は10月20日20:00から23日23:59まで受け付けられ、一般販売は27日20:00にスタート。

舞台「勤人落語III」公開収録公演

2021年11月3日(水)~7日(日)
東京都 アトリエファンファーレ東新宿

脚本・演出:23
出演(五十音順):淺川眞來(MARK)、磯野大、輝山立、坂口実成夢、上仁樹、服部武雄、フクシノブキ(福士申樹)、毎熊宏介

ステージナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加