大谷翔平、9回代打で右翼線二塁打を放ち8試合連続安打 24日ツインズ戦に先発登板予定

大谷翔平、9回代打で右翼線二塁打を放ち8試合連続安打 24日ツインズ戦に先発登板予定

  • 日刊スポーツ(野球)
  • 更新日:2022/09/23
No image

レンジャーズ対エンゼルス 9回表エンゼルス1死、代打で出場し、右翼線二塁打を放つ大谷(撮影・菅敏)

<レンジャーズ5-3エンゼルス>◇22日(日本時間23日)◇グローブライフィールド

スタメンから外れたエンゼルス大谷翔平投手(28)は、3-5と2点ビハインドの9回1死から代打で出場。右翼線二塁打を放ち、8試合連続安打をマークした。

打率は2割7分1厘。

23日(同24日)には、今季14勝目をかけて、敵地ミネアポリスでのツインズ戦に先発登板する予定。この日の試合前には、ブルペンでテンポ良く36球を投げ込んで調整した。初の規定投球回数(162)まであと「14」。すでにクリアしている規定打席との史上初の「ダブル到達」へ向けて、少しでも長いイニングを投げたいところだ。

なお、試合はエンゼルスが3点を先行しながら逆転負けを喫して連敗した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加