ツアー初Vへ安森一貴が首位キープ 22歳の鈴木晃、中島啓が3打差2位 石川遼はダボ2発で33位に後退

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2023/05/27
No image

首位を守った安森

「男子ゴルフ・ミズノ・オープン・第2日」(26日、JFE瀬戸内海GC=パー72)

2位と4打差の首位から発進した安森一貴(25)=オータニ広尾CC=が5バーディー、ボギーなしの67でラウンド。2日間で1ボギーに抑える安定したゴルフで通算14アンダーまで伸ばし、首位をキープした。

初日2位の中島啓太は66をマーク。順位に動きはなかったが、11アンダーで首位との差を1打差縮めた。下部のAbemaツアー2連勝中で中島と同組で回った鈴木晃祐は65で、同2位に並んだ。金谷拓実はこの日ベストスコアの64と猛チャージを掛け、9アンダーで初日41位から4位に急浮上した。

全米オープンに続き、全英オープンの出場権を狙う石川遼は2つのダブルボギーが響き、通算2アンダーの33位に後退。アマチュア時代に同大会3度予選落ちした蟬川泰果は同33位で初めて予選を通過した。

永久シード保持者の片山晋呉は92位、米ツアー挑戦中で今季国内初戦だった小平智は114位で予選落ちした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加