京都サンガ、柏に逆転負け 3試合ぶり黒星 J1第24節

京都サンガ、柏に逆転負け 3試合ぶり黒星 J1第24節

  • 京都新聞
  • 更新日:2022/08/06
No image

サンガ-柏 後半、相手の攻撃にゴール前を固めて守るサンガの守備陣(サンガスタジアム京セラ)

J1京都サンガFCは6日、サンガスタジアム京セラで第24節の柏戦を行い、1―2で逆転負けし、3試合ぶりの黒星を喫した。

サンガは前半7分、豊川が自陣でファウルを受けて得た直接FKを、福岡がいち早くリスタートしてロングボール。こぼれ球を武田がダイレクトボレーで合わせ、J1初ゴールを決めて先制した。しかし25分、本多のバックパスがGK上福元の頭上を越えてオウンゴール。

後半早々に荻原が負傷退場し、武田もアウト。大前やウタカ、山田らを投入したが、運動量が一気に落ち、再三ピンチを招いた。終了間際、パスをカットされて勝ち越しゴールを許した。

曺監督は「最後まで攻めにいって1―2にされた。後悔はないが、ゲームの読みが足りなかった。負けを受け入れて次に進みたい。2、3点目を取るチャンスもあったし、自分たちのリズムで勝てれば一番良かったが、こういう経験をするためにJ1に上がってきた。残り10試合、逆境を乗り越えていきたい」と語った。

※時間は非公式

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加