マスク氏、ツイッター買収を「一時保留」

マスク氏、ツイッター買収を「一時保留」

  • AFPBB News
  • 更新日:2022/05/14
No image

実業家のイーロン・マスク氏(2020年3月9日撮影、資料写真)。

【AFP=時事】実業家のイーロン・マスク氏は13日、米ツイッターの買収を一時的に保留にすると発表した。これを受け、同社の株価は急落した。

マスク氏は「ツイッターの買収は、スパム・偽アカウントがユーザーの5%未満であることを裏付ける詳細を得るまで、一時保留にする」とツイッターに投稿。2時間後に別のツイートで、買収を目指す意向に変わりはないと説明した。ツイッターは今のところAFPのコメント要請に応じていない。

米証券会社ウェドブッシュ・セキュリティーズのアナリスト、ダニエル・アイブス氏は、マスク氏が証券取引所への書類提出ではなく、ツイートによって先行きの不透明さを生んでいることに懸念を表明。ウォール街の投資家はこのツイートについて、マスク氏が買収合意を撤回しようとしているか、値下げを迫ろうとしていると解釈する可能性が高いと指摘した。

マスク氏の発表を受け、ツイッターの株価は時間外取引で20%下落した。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加