大好評!Cocomiの急激な“オタク寄せ”発信は工藤静香の「策略」か?

大好評!Cocomiの急激な“オタク寄せ”発信は工藤静香の「策略」か?

  • アサ芸プラス
  • 更新日:2020/10/16
No image

木村拓哉と工藤静香の長女でモデルのCocomiが最近、“オタク”に寄せてきているとネット上で話題になっている。

Cocomiのインスタを見ると、10月8日には「私はHUNTER×HUNTERを見直し始めました。念を習得したいと思うばかりです」「呪術廻戦やばいですね。3回観ました。あるあるだと思いますが、オタクは興奮しすぎると使える語彙が『やばい』だけになって知能が著しく低下しますね」と、人気漫画・アニメについて言及。

9日にも「今日は充実した1日になりました。幸せでした。潤いました。デーデンッ(質問です)。私は何処に行ったでしょう。バッグはもう1つ大きいのを持って行きました。 正解はアニメイトでした」と、アニメグッズ専門店に買い物に行ったことを報告。

さらに11日の投稿には「#杉田智和さん誕生祭2020」、13日の投稿には「#石川界人様 誕生祭2020」のハッシュタグを付けて、それぞれ人気声優の誕生日を祝っている。

ネット上では「Cocomiちゃんあんな美しさを持っても、しっかりオタクしているのまじ推せる」「元から好きだったんだけど、オタクだというのを聞いて更に好きになった」「Cococmiちゃんのオタク全開で飾らない感じすごい好き」といった共感の声が殺到。好感度が急上昇のようだ。

「Cocomi、Koki,(「o」の上に「-」)姉妹といえば、まだ若いのにハイブランドのアンバサダーなど、背伸びしている感が強かった。ここにきてオタクな一面を出してきたのは、方向転換なのか、隠していた素顔を出してきたのか。ひょっとしたら近年、アニメ映画に芸能人を声優として起用することが多いことから、それを狙っているのかもしれません」(芸能ライター)

いずれにせよ、ネット民の反応は上々。親しみやすさを増したCocomiだが、これも果たして静香の売り込み戦略なのか?今後の活動にどんな変化が出るのか注目したい。

(鈴木十朗)

アサ芸プラス

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加