菅田将暉・弟の“初ドラマ主演”が波紋...有吉弘行がボロクソに叩いた過去

菅田将暉・弟の“初ドラマ主演”が波紋...有吉弘行がボロクソに叩いた過去

  • まいじつ
  • 更新日:2023/01/25
No image

菅田将暉 (C)まいじつ

歌手・俳優とマルチに活躍する菅田将暉の弟・菅生新樹が、兄に続いてドラマ主演することが決まった。

1月24日、菅生が深夜ドラマ『凋落ゲーム』(フジテレビ系)で主演を務めると発表された。演じるのはファッションサブスクサービス代表の若手起業家で、同作が菅生にとって初主演作品となる。

【関連】浜辺美波にデレデレ…既婚俳優の“ファンクラブ入会”発言にドン引きほか

「地方のCMなどに出演していた菅生ですが、昨年3月の大学卒業以降、本格的に俳優業に進出。ドラマ『初恋の悪魔』(日本テレビ系)、配信ドラマ『トップギフト』(LINE NEWS VISION)など、徐々に演技の仕事が増える中、ついに主演する形となりました」(芸能プロ関係者)

しかし、これに対する世間の評価は低い。兄の威光で出ているだけだとして、ネット上には《普通の大学生にしか見えない》《芸能界ってチョロすぎやろ》《弟っていうだけで主演w》など、辛辣な声が相次いでいる。

“コネ出演”疑惑すら浮上したCMの前科

どうやら、兄が有名なだけで、本人に才能や実力を感じさせないことが、辛辣な評価の原因となっているらしい。

「菅生は大学在学中の2020年、主に地方で放送されている『エコリング』のCMに出演しました。しかし、CMソングの歌唱があまりに音痴な上、短い宣伝セリフすら棒読みだとして、ネット上では悪い意味で話題に。

あまりの酷さに、あれはアマチュアで社長の息子ではないかとの噂まで浮上し、有吉弘行は自身のラジオで『気持ち悪さすら覚えた』『あえて記憶に残すようあんなに下手くそな歌を流したのかも』とまで語っていました」(芸能ライター)

演技が下手な〝前科〟がある中、無謀にも主演に挑戦する菅生。果たして、散々な下馬評を覆すことはできるのだろうか。

エコリングのCMが新しくなりました!




この人は誰でしょう?? #エコリング #エコリングCM pic.twitter.com/F7PNlbolrV
— エコリング (@ecoring38)
December 10, 2020
from Twitter

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加