誕生日で占う【2020年ハロウィン仮装】23日生まれは魔女、30日生まれはゾンビをぜひ!

誕生日で占う【2020年ハロウィン仮装】23日生まれは魔女、30日生まれはゾンビをぜひ!

  • 占いTVニュース
  • 更新日:2020/10/17
No image

10月といえばハロウィン。そして、ハロウィンといえば仮装ですよ。今年は、何に扮しますか? 誕生日のキャラクター別にオススメの仮装をご紹介! あなたの持ち味を活かした仮装で、2020年のハロウィンを盛り上げていきましょう。

■1日・10日・19日・28日生まれ……ジャック・オー・ランタン
この生まれの人は、元気がよくてポジティブ。いるだけで周りをパッと明るくする存在感があります。ぜひ、ハロウィンの象徴といえる「ジャック・オー・ランタン(かぼちゃのちょうちん)」に扮してみましょう。人と会ったときの挨拶は「トリック・オア・トリート!」で決まりです!

■2日・11日・20日・29日生まれ……黒猫
この生まれの人は、人に寄りそう才能があり、誰かの相棒になることで、存在価値を高めるタイプ。魔女の使い魔である「黒猫」に扮すれば、生来持っているサポート力や感性のしなやかさをアピールできて人気者になれるはず。魔女に仮装した友達とセットで行動しては?

■3日・12日・21日・30日生まれ……ゾンビ
この生まれの人は、子どものような感性の持ち主で、楽しむことが大好き! 奇抜なこともおもしろがれるので、「ゾンビ」に扮してみてはいかがでしょう。手持ちのコスメでもうまく使えば、ゾンビメイクを簡単に作ることができます。シールを活用するのもオススメです。

■4日・13日・22日・31日生まれ……ポリス
この生まれの人は、何ごとにもルールありきの合理的&冷静なタイプ。仮装するなら、そんなキャラクターにぴったりの「ポリス」がオススメ。たとえば、ポイ捨てなどのルール違反を取り締まったり、友人のメイクの崩れを指摘したり。決めゼリフはやっぱり「逮捕しちゃうぞ!」でしょうか。

■5日・14日・23日生まれ……魔女
この生まれの人は、独立心旺盛な自由人タイプ。強い好奇心が生み出す知識量、常識にとらわれない感性は、時代が時代なら「魔女」として恐れられたかもしれません。ハロウィンシーズンは、そんな自らのキャラクターを生きてみましょう。肩にカラスをのせてみるのも一興!

■6日・15日・24日生まれ……プリンセス
この生まれの人は、美と調和を愛する博愛主義者で、「めでたしめでたし」で終わる、おとぎ話の「プリンセス」のようなところがあります。ハロウィンの仮装でプリンセスに扮しても、違和感なく周囲に受け入れられるはずです。さっそくティアラやローブを揃えてみてはいかがでしょう。

■7日・16日・25日生まれ……シスター
この生まれの人は、現実よりも精神世界に興味があり、スピリチュアルにも高い親和性を持っています。そんなキャラクターにぴったりなのが「シスター(修道女)」や「巫女」の仮装。また、2020年にかぎっては「アマビエ」に扮してみても。タイムリーなので多くの注目を集められるでしょう。

■8日・17日・26日生まれ……ヴィラン
この生まれの人は、権力志向の強いアグレッシブなタイプ。何としてでもパワーを手中に収めようすとするところがあり、その姿がヒーロー・ヒロインの対極に位置する存在「ヴィラン・ヴィラネス」に重なります。たとえば、マレフィセントやクルエラに扮してみてはいかが?

■9日・18日・27日生まれ……聖母
この生まれの人は、寛容で献身的なタイプ。「聖母」や「ナース」といった慈愛をあらわすキャラクターであれば、何でもぴったりと似合うはずです。ただ、ハロウィンだからとセクシー路線を狙うと、魅力が台無しになってしまうのでNG。あくまでも「清楚」が鉄則です。

ハロウィンの仮装には、悪霊を寄せつけないようにする「魔除け」の意味があるのだとか。フル仮装はハードルが高いという人は、ワンポイント的に取り入れても。オンラインでの集まりやSNSでハロウィンを楽しみましょう!
(夏川リエ)
※画像出典/shutterstock

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加