土屋太鳳、3度断った主演映画『哀愁しんでれら』に出演した理由は「田中圭」

土屋太鳳、3度断った主演映画『哀愁しんでれら』に出演した理由は「田中圭」

  • マイナビニュース
  • 更新日:2020/11/20
No image

女優の土屋太鳳が19日、都内で行われた映像企画とクリエイターの発掘プログラム「TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2020(以下、TCP2020)」の最終審査会の中で行われた主演映画『哀愁しんでれら』(2021年2月5日公開)のトークイベントに、メガホンをとった渡部亮平監督とともに出席した。

土屋太鳳、ロングドレス姿で魅了! EXILE NAOTOらと東京国際映画祭に登場

本作は、TCP2016でグランプリを獲得した渡部監督によるオリジナル脚本・監督作で、市役所に勤める平凡な女性・小春(土屋)が一晩で怒涛の不幸にあい、人生を諦めようとしていたが、8歳の娘を男手ひとつで育てる開業医・泉澤大悟(田中圭)と出会い、不幸のどん底から一気に幸せの頂点へ駆け上がり、まさにシンデレラとなった彼女だったが、ある日、前代未聞の凶悪事件を起こしてしまう…というストーリー。

土屋は、主演のオファーを3回も断ったそうで、それは事実なのか尋ねられると「はい、断りました」とためらいもなく答えて会場を沸かせ、出演を断った理由についてはネタバレしてしまことから、出演を決めた理由を追求されると、2つ理由があることを明かし「1つ目は大悟というすごく重要な役を田中圭さんがやられると伺って、圭さんの大悟を小春として見たいと直感的に思いました。もう1つは4回目に私の前に台本が来たときに、小春が『誰か私を見つけて。この感情を伝えてほしい』と迷子のような気持ちで泣いている感覚があって、これは受けさせていただいたほうがいいなと思いました」と答えた。

一方、渡部監督は3回も断られてもなお、土屋に猛アタックしたのは何故か聞かれると「ほかにオードリー・ヘップバーンくらいしか思い浮かばないくらいでした(笑)」と笑いつつ、「あるミュージックビデオを見て、土屋さんの表現力の高さに驚いてしまって、しかもすごいものを秘めていそうで、それをこの映画で出してくれたらパワーがこもった映画になるんじゃないかなと思ったので、ほかの人は考えられませんでした」とコメント。そんな土屋を演出した感想を追求されると「いつも違う表情を見せてくれて、それにいつも感動していました。ひとりで"やった!!"って思いを心の中に持っていた気がします」と打ち明けた。

さらに、共演した田中圭について土屋は「すごい方で面白い方でした」といい、「すごいなと思ったのは、豹変する…言っていいのかな、これ?」とネタバレを気にしつつ、「表現力が素晴らしくて、子役のCOCOちゃんにはつらい物語なので、現場がシビアになったら上手くCOCOちゃんの気分を上げたり、見守っていたり、そういう姿勢に感動しました」と絶賛。面白い部分については「ラブシーンがあるんですけど、マネージャーさんが撮った動画を見て『俺、ここまではかっこよかったんだけど、ここからかっこ悪くなってる』『大丈夫なのかな』ってずっと気にしていらっしゃって、すごく和みました」と笑顔交じりで話した。

同トークイベントでは『哀愁しんでれら』の本ビジュアルも初公開され、そこに書かれている"シアワセすぎる"というキャッチコピーにちなみ、幸せすぎる瞬間を聞かれた土屋は「私の弟が犬を飼ったんですけど、その犬を見るために家族が集まるようになって、それはすごく幸せだなと思いました」と笑顔を見せた。

なお、TCP2020では脚本部門3名、監督部門3名、企画部門3名のファイナリストのうち、8名(1名欠席)がプレゼンテーションを行い、脚本部門で大学生・藤田健司さんの『バトリーヌ!』がグランプリを獲得し、脚本家・安倍照雄さんの『3人の柄本明』が審査員特別賞を受賞した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加