ソフトバンク・東浜 右手指痛め6回途中で降板 工藤監督「今後のことが心配」

ソフトバンク・東浜 右手指痛め6回途中で降板 工藤監督「今後のことが心配」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/08/02

◇パ・リーグ ソフトバンク5―4西武(2020年7月31日 ペイペイD)

No image

<ソ・西>6回途中で降板した東浜(右から2人目)(撮影・中村達也)

先発したソフトバンク・東浜が右手の指を痛め、5回1/3を4安打3失点で降板した。「調子はあまり良くありませんでしたが、3回以外は何とか耐えることができた」とコメントした。

工藤監督は「人さし指か中指。今後のことが心配。明日以降、考えないといけない」と、1日に患部の状態を確認するとした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加